メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > くらし・地域 > くらし・手続き > 年金・保険 > 国民年金 >台風19号より被害を受けた国民年金第1号被保険者に係る保険料免除について

トップページ > ライフメニューから探す > 就職・退職 > 手続き・届出 >台風19号より被害を受けた国民年金第1号被保険者に係る保険料免除について

トップページ > 防災情報サイト > 台風19号・10月25日大雨関連情報 > 医療・福祉等 >台風19号より被害を受けた国民年金第1号被保険者に係る保険料免除について

台風19号に伴う災害により被害を受けた国民年金第1号被保険者に係る国民年金保険料免除について

問い合わせ番号:15713-9089-3782 更新日:2019年12月9日

台風19号に伴う災害により被害を受けた国民年金第1号被保険者に係る国民年金保険料免除について

 台風19号に伴う災害で大きな被害を受けたことにより納付が困難な場合、前年度の所得額に関わらず、申請をして承認されると保険料が免除となります。 

1 対象となる被害の程度

 被保険者等が所有する住宅、家財、その他の財産のうち被害が最も大きい財産に係る損害が2分の1以上であること。ただし保険金、損害賠償金で補填される分は除きます。

 なお、この場合被保険者等とは「被保険者」「世帯主」「配偶者」または「被保険者もしくは配偶者の属する世帯の世帯員」をいいます。

2 申請窓口

 日本年金機構平年金事務所、国保年金課、各支所及び市民サービスセンター    

3 免除対象期間

 令和元年9月分から令和3年6月分(令和2年7月から令和3年6月分までの期間については、令和2年7月以降に改めて免除の申請が必要となります)

 ※申請日や納付状況により認められる免除期間は異なります。

4 提出書類

  • 国民年金保険料免除・納付猶予申請書
  • 国民年金保険料免除・納付猶予申請に係る被災状況届

 ただし、半壊以上の「り災証明書」をお持ちの場合には、「国民年金保険料免除・納付猶予申請に係る被災状況届」の堤出は不要となります。 

5 お持ちいただくもの

  • 年金手帳またはマイナンバーのわかる書類、その他本人確認のできるもの(持参できない場合にはご相談ください)
  • 保険金または損害賠償金を受取る場合には、当該支給額が確認できる書類

6 その他

  • 申請により日本年金機構から免除が認められた場合、免除期間に応じて、将来受給できる年金額が減額されます。
  • 保険料が免除された分は、10年以内であれば、後から納付することができます。

◆申請書様式 

  • 国民年金保険料免除・納付猶予申請書(1MB)(PDF文書)
  • 国民年金保険料免除・納付猶予申請に係る被災状況届(126KB)(PDF文書)
  • 【記載例】国民年金保険料免除・納付猶予申請に係る被災状況届 (265KB)(PDF文書)

◆外部リンク

お問い合わせ

市民協働部 国保年金課 国民年金係
電話番号:0246-22-7464
ファクス番号:0246-22-7576

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?