メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > くらし・地域 > 地域情報 > 常磐地区 > 常磐地区のむかし >『21世紀の森公園』(令和元年8月14日市公式Facebook投稿)

トップページ > 市政情報 > 市の紹介 > いわきの今むがし > 一覧リスト >『21世紀の森公園』(令和元年8月14日市公式Facebook投稿)

トップページ > 市政情報 > 市の紹介 > いわきの今むがし > 常磐地区 >『21世紀の森公園』(令和元年8月14日市公式Facebook投稿)

トップページ > 市政情報 > 市制施行50周年記念関連情報(市制施行50周年記念日:平成28年10月1日) > いわきの今むがし > 常磐地区 >『21世紀の森公園』(令和元年8月14日市公式Facebook投稿)

『21世紀の森公園』(令和元年8月14日市公式Facebook投稿)

更新日:2019年8月14日

いわきの『今むがし』Vol.124

写真1 21世紀の森公園の起工式(平成3(1991)年3月、いわき市撮影)


写真1 昭和41(1966)年に13市町村が合併して以来、市民も行政も広域都市の一体化をめざし、さまざまな努力をしてきました。
 昭和63(1988)年1月に、市は「21世紀の森構想」を発表しました。国道6号(現いわき-上三坂-小野線)、主要地方道小名浜-平線、同常磐江名-常磐線などに囲まれた地域は丘陵地の約1,400haに及ぶ範囲で、緑地の未開発区域でしたが、利便性を考慮すると乱開発が懸念された区域とみられたのです。
 構想では、自然を保存しながら、文化・スポーツ、福祉、保健などの有効的な配置を通じて、市の一体化を象徴する市民の憩いの場として、先行して整備しようとするものでした。
 このうち、第一期事業として急がれたのは、昭和70年(実際は改元のため、平成7年)に福島県で開催される第50回国民体育大会のいわき市開催となる高等学校野球(硬式)競技とラグビーフットボール競技の会場確保でした。21世紀の森公園はこれら二つの目的を含め、将来的には子どもから大人まで自由に交流できるレクリエーションの総合公園として位置づける意味合いがありました。
 21世紀の森公園の対象となったのは、常磐湯本町上浅貝および同水野谷町竜ケ沢にまたがる89.2haの区域で、全体構想の4.5%でした。
 施設内容は、野球場が両翼100m、センター122m、収容人員3万人、ラグビーフットボール競技場が長辺150m、短辺90m、収容人員5千人で、このほか多目的広場を建設でした。
 平成元(1989)年6月に開催された市都市計画審議会を経て、89.2haの都市公園としての土地利用が都市計画決定されました。
 都市公園法の分類では、市内で初めての「総合公園」で、標準とされる50haに比べ規模の大きい施設でした。
 21世紀の森公園は平成3(1991)年3月に起工。施設名は一般公募で、野球場が「いわきグリーンスタジアム」、ラグビーフットボール競技場が「いわきグリーンフィールド」と決まりました。
周辺の道路整備も進み、平成7(1995)年9月には、いわき中央インターと国道6号常磐バイパスを結ぶ国道49号平バイパスが完成し、会場へのアクセスが容易となりました。
 

 写真2  21世紀の森公園入口(平成27(2015)年11月、いわき市撮影)

写真2  21世紀の森公園入口(平成27(2015)年11月、いわき市撮影)

 21世紀の森公園は平成7(1995)年3月に開園し、式典や記念植樹が行われました。
 この年の10月に開催された「ふくしま国体」では、全国から選手や監督など多くの関係者が訪れ、21世紀の森公園の施設は、国体成功への大きな役割を果たすことになりました。
 次いで、平成8年から21世紀の森公園の「コミュニティ広場ゾーン」の整備に入り、平成11年7月には、多目的フィールドの供用を開始、さらに芝生公園や園路などが整備されました。
 21世紀の森構想全体でみると、常磐湯本町上浅貝に温泉活用の「いわきゆったり館」が平成10年4月に完成しましたが、このほか不確実の部分が多かった第二期事業の核となる文化・交流整備地区(文化コア)のいわき21世紀プラザ(生涯学習プラザ、総合教育センターなど)、いわき市民総合図書館、いわき市民文化ホールなど百数十億円を要するとされていた大型プロジェクト計画は、バブル崩壊により財政状況が窮屈になる状況のなかで、見直しが迫られていきます。
 平成10年7月には、「21世紀の森構想整備構想見直し庁内検討会議」を設置して検討・協議。平成11年4月に、“市民生活に身近な図書館や複合施設、文化ホールは中心市街地に配置すべき”との結論が出され、さらには同年7月には、「中心市街地活性化法」が公布・施行され、全国的にも既成市街地の活性化を促す機運が高まっていきました。のちに、いわき芸術文化交流館(アリオス)やいわき総合図書館、生涯学習プラザが、平市街地内に整備される契機となったといえます。
 また、東日本大震災時に救援物質を効率良く集積・分配する機能が十分でなかったことを踏まえ、平成29年3月には公園内に、災害時に救援物資の集積・分配を行う拠点施設として、屋内多目的広場(いわきグリーンベース)が完成しました。

(いわき地域学會 小宅幸一)

 

 その他の写真

21世紀の森公園造成(平成3年、いわき市撮影)

21世紀の森公園造成(平成3年、いわき市撮影)

 

21世紀の森公園整備・起工式(平成3年3月、いわき市撮影)

21世紀の森公園整備・起工式(平成3年3月、いわき市撮影)

 

21世紀の森整備構想図(平成6年5月、いわき市撮影)

21世紀の森整備構想図(平成6年5月、いわき市撮影)

 

ふくしま国体・ラグビーフットボール競技(平成7年10月、いわき市撮影)

ふくしま国体・ラグビーフットボール競技(1)(平成7年10月、いわき市撮影)

 

ふくしま国体・高校競技の野球開始式(平成7年10月、いわき市撮影)

ふくしま国体・高校競技の野球開始式(平成7年10月、いわき市撮影)

 

お問い合わせ

総合政策部 ふるさと発信課
電話番号:0246-22-7402
ファクス番号:0246-22-7469

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?