メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 福祉・こども > 地域包括ケア(介護予防等) > 介護予防 >「igokuFes(いごくフェス)2020」オンライン開催

トップページ > 福祉・こども > 地域包括ケア(介護予防等) > 高齢者の社会参画 >「igokuFes(いごくフェス)2020」オンライン開催

トップページ > 福祉・こども > 地域包括ケア(介護予防等) > 地域づくり活動 >「igokuFes(いごくフェス)2020」オンライン開催

igokuFes(いごくフェス)2020 オンライン配信で開催

更新日:2020年10月13日

 本人・家族等、それぞれの参加者(視聴者)が人生の最後をよりよく過ごす方法を考えるきっかけづくりとなるよう、体験学習型イベント「igokuFes」ですが、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、無観客でのオンライン配信により開催しますので、ぜひご覧ください。

【igokuFes2020オンラインの概要】

  1.  配信日時:令和2年10月25日(日) 17時00分から19時00分(生配信 ※一部収録)
  2.  視聴料金:無料
  3.  配信サイト:YouTube(チャンネル名:igoku TV) 
      ※配信チャンネルはこちらです。(10月25日 17時00分スタート)

【igokuFes2020オンラインの概要】

  • 磐城じゃんがら遊劇隊(じゃんがら念仏踊り)
  • んまつーぽす(シルバーリハビリ体操指導士&その孫とのダンスパフォーマンス)
  • 武藤 頼胡 × 北二区シスターズ(終活セミナー)
  • 松原 タニシ(事故物件トークショー)
  • ロクディム(即興芝居)

   テーマは「シン・密」
  会うべき人、目的や場所を厳選し、距離を保つ。 
   できるかぎりリモートで、オンラインを活用する。
     ソーシャルディスタンスは、確かに私たちを感染から守ったのかもしれない。
     けれど、私たちは心理的な距離まで奪われてはいけない。
     なぜなら、人間を人間たらしめ、地域を地域たらしめ、
     「いごく」を「いごく」たらしめていたのは、密、そのものだったからだ。
     ディスタンスを保たなければいけない暮らしに、
     地域に、いかにして「密」を手に入れられるか。
     私たちは何度でも考えたい。
     2020年。いごくフェス。

     その思考の、その体験の先で、私たちの「シン・密」を見つけよう。   

   

 
過去のigokuFesを振り返りながら、今回の「igokuFes2020オンライン」の見どころを掲載した、紙のigoku臨時増刊号を発行しました。以下からダウンロードしていただくか、紙の現物をご覧になりたい場合は、地域包括ケア推進課(27-8574)までご連絡ください。
 

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。

詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ

保健福祉部 地域包括ケア推進課
電話番号:0246-27-8574
ファクス番号:0246-27-8576

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?