メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
イメージ

トップページ > くらし・地域 > まちづくり > 火葬場・市営墓園 >令和元年度 市営墓園(南白土・東田)の使用者募集について

トップページ > 募集情報 >令和元年度 市営墓園(南白土・東田)の使用者募集について

令和元年度 市営墓園(南白土・東田)の使用者募集について

問い合わせ番号:15627-1600-0027 更新日:2019年7月29日

 市では昨年度、少子高齢化や核家族化といった社会情勢の変化を背景に、墓地需要が多様化していることなどから、一つのお墓に多数の焼骨を合同で埋蔵し、使用者による管理や承継者を必要としない合葬墓地を整備しました。
 この度、昨年度に先行して供用を開始した、南白土墓園の納骨堂型合葬墓地に加え、東田墓園の納骨堂型合葬墓地並びに東田墓園及び南白土墓園の樹木葬型合葬墓地についても新たに供用を開始することから、その使用者を募集します。
  また、区画墓地のうち、使用者から返還を受け修繕等が完了した墓地について、併せて使用者を募集します。

合葬墓地

合葬墓地の種別及び募集数   

種別 南白土墓園 東田墓園 使用料(1体あたり)
納骨堂型合葬墓地 納骨堂を利用する 150体 50体 90,000円
納骨堂を利用しない 120体 40体 45,000円
樹木葬型合葬墓地 90体 30体 120,000円

納骨堂を利用する場合(納骨堂型合葬墓地)

使用許可日から20年間納骨堂に個別収蔵した後、合葬する方法です。

納骨堂を利用しない場合(納骨堂型合葬墓地)

納骨堂に個別収蔵せず、最初から他の焼骨と合葬する方法です。

樹木葬型合葬墓地

樹木を墓標とし、その樹木の周囲に焼骨を埋蔵する合葬墓地です。

注1 納骨堂を利用する場合、納骨堂に収蔵することができる期間は使用許可を受けた日以後20年間です。焼骨を収蔵した日からではありませんので御注意ください。
注2 納骨堂に個別収蔵されている場合を除き、合葬後は他の焼骨と判別がつかなくなることから、焼骨を返還することはできません。
注3 合葬墓地の管理は市が行います。その後の管理料については使用料に含まれていますので、使用料納付後については、金銭的に負担するものはありません。
注4 樹木葬型合葬墓地では、土の中への埋蔵は市が行いますでので、ご遺族の方が立ち会うことはできません
注5 合葬墓地は、埋蔵する焼骨に対して使用許可を行います。使用許可後に埋蔵する焼骨を変更することはできません。
注6 既納の使用料は返還しません。
注7 永代供養は実施しておりません。 

合葬墓地の応募資格

 区画墓地の使用許可を受けていない方で、令和元年8月1日時点で次に掲げる条件を満たしている方は応募できます。 

(生前予約)あらかじめ、自己の焼骨の埋蔵を目的として生前に申請する場合

  次のすべての条件に該当する必要があります。
  ア 市に引き続き1年以上住民登録を有し、又は本籍を有する方
  イ 65歳以上の方 

(焼骨所持)既に焼骨を所持しており、その埋蔵を目的として申請する場合

  次のいずれかの条件に該当する必要があります。
  ア 市に引き続き1年以上住民登録を有し、又は本籍を有する方
 
イ 死亡時に市に1年以上住民登録を有し、又は本籍を有していた者の焼骨を所持する方
 
注 焼骨の管理等に責任を負う方(祭祀主宰者)の申請のみ受け付けします。
  注 埋蔵を希望する焼骨ごとに申請が必要となります。

注 区画墓地と重複して応募することはできません。応募は合葬墓地または区画墓地のどちらか一つに限ります。

区画墓地

区画墓地の種別及び募集数 

 

規格墳墓

自由墳墓

南白土墓園

18区画

使用料:230,000円(1区画あたり)
管理料:2,640円(年額)
広さ:2メートル×3メートル(約1.8坪)
 

3区画 

使用料:610,000円(1区画あたり)
管理料:5,280円(年額) 
広さ:3メートル×4メートル(約3.6坪)
 

東田墓園

9区画 (第2種規格墳墓) 

使用料:190,000円(1区画あたり)
管理料:1,320円(年額)
広さ:2メートル×2メートル(約1.2坪)
 

 

注1 今回募集する墳墓には、埋蔵歴がある区画が含まれておりますが、修繕工事、区画内の清掃等を行っております。
注2 南白土墓園規格墳墓および東田墓園第2種規格墳墓に墓石等を設置する場合には、あらかじめ定まった規格(寸法)および形態の墓石等を設置する必要があります。
注3 南白土墓園自由墳墓に設置する墓石等にあらかじめ定まった規格等はありません。
注4 使用者決定後の区画内の維持管理(草刈、供物の持ち帰り等)は、使用者ご本人が実施することになりますのでご注意ください。
注5 永代供養は実施しておりません。
 

区画墓地の応募資格

 現在市営墓園(南白土墓園、東田墓園)の墳墓を使用していない世帯の方で、次のすべての条件に該当する場合は応募できます 

令和元年8月1日時点で、いわき市に引き続き1年以上住民登録を有し、又は本籍を有する方

注  ただし、本市に本籍を有する方で市外に居住している方については、市内に居住している方(必ずしも親族である必要はありません)を代理人として選定できる方に限ります。

一度も埋蔵・収蔵されていない親族の焼骨を保有している方

注1 申込は、一つの焼骨に対して、焼骨・墓地の管理等に責任を負う方(祭祀主宰者)を含む親族一世帯のうち1人に限ります(一つの焼骨に対し複数の方が申し込むこと、または1人の祭祀主宰者が複数の焼骨についてそれぞれ申込をすることはできません)。
注2 申込は南白土規格墳墓、南白土自由墳墓、東田墓園第2種規格墳墓のいずれかとなります(複数の墳墓への使用申込はできません)。
注3 使用区画は抽選で決定しますので、応募の際に区画を指定することはできません。
注4 合葬墓地と重複して応募することはできません。応募は区画墓地又は合葬墓地のどちらか一つに限ります。
 

募集案内

 墓園使用者募集案内および申込票は、市民協働部市民生活課(本庁舎1階)、各支所、各窓口コーナー(勿来・磐崎・大野・入遠野)、各市民サービスセンター(いわき駅前・豊間・中央台・江名・泉)及び本ホームページで配布します。

申込期間

 令和元年8月1日(木)から令和元年9月17日(火)まで

注 先着順ではありません。
注 郵送で申し込む場合、申込期間最終日の消印有効です。
注 必要事項の記載に不備がある申込は不受理とさせていただく場合があります。十分に内容を確認の上、余裕をもって申込手続きを行ってください。

申込の方法

 申込票・受付票に必要事項を記入のうえ、次のとおり郵送または直接持参してください。

 郵送する場合

  切手を貼った宛先明記の返信用封筒を同封し、必ず簡易書留で下記の宛先まで郵送してください。
 郵送の場合には令和元年9月17日(火)の消印のあるものまで受付します。

【宛先】
〒970-8686 いわき市平字梅本21番地 市民協働部市民生活課市民生活係

直接持参する場合

  市民協働部市民生活課または各支所窓口(好間支所を除く)に、提出書類を持参してください。

注 好間支所、各窓口コーナー、各市民サービスセンターでは申込できません。
注 持参の場合は、9時00分から12時00分まで、13時00分から16時00分まで受付します。

抽選

 応募者多数の場合、公開抽選により使用者を決定します(抽選会の実施の有無については、このホームページで公表します)。
 区画墓地については、応募が定数に満たなくとも、使用区画を決定するための抽選を行います。
 抽選会への参加は自由です(参加・不参加は抽選結果に影響しません)。

抽選会日時

   月 日 令和元年9月30日(月)
   時 間 区画墓地は午前10時から、合葬墓地は午後2時から
   受 付 開始の30分前から(区画墓地は午前9時30分から、合葬墓地は午後1時30分から)

抽選会場

  いわき市役所本庁舎 8階 第8会議室
  〒970-8686 いわき市平字梅本21番地
  注 駐車台数には限りがありますので、可能な限り公共交通機関等を活用しお越しください。

東田墓園納骨堂型合葬墓地の内部見学

 次の日程で、納骨堂型合葬墓地の内部を見学することができます。
 日 時 令和元年8月23日(金)から令和元年8月25日(日)まで
     各日とも10時から15時まで
 場 所 東田墓園(いわき市東田町菖蒲沢23番地の1)
注 見学に当たり事前の申込は必要ありません。
注 合葬墓地の供用後は、内部に立ち入れなくなることから、施設を見学できる機会は今回限りとなります。
注 南白土墓園及び東田墓園の樹木葬型合葬墓地については、随時自由に見学可能です。 

お問い合わせ

市民協働部 市民生活課
電話番号:0246-22-7446
ファクス番号:0246-22-7561

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?