メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 事業者の方へ > 廃棄物 > 産業廃棄物 >外国政府による廃棄物の輸入規制と産業廃棄物の処理の委託に係る留意事項

トップページ > 事業者の方へ > 廃棄物 > 排出事業者と許可業者の方へ >外国政府による廃棄物の輸入規制と産業廃棄物の処理の委託に係る留意事項

外国政府による廃棄物の輸入規制と産業廃棄物の処理の委託に係る留意事項

更新日:2019年5月20日

 環境省によりますと、産業廃棄物に該当する廃プラスチック類については、国内で年間約700万トン程度が排出されている中で、平成29年末の中華人民共和国を始めとする外国政府による使用済プラスチック等の輸入禁止措置により、国内で処理される廃プラスチック類等が増となった結果、国内の廃棄物処理施設が逼迫し、処理に支障をきたしているとのことです

 排出事業者の方にあっては、産業廃棄物の分別の徹底等により適正な処理の推進に努めてください。

 また、産業廃棄物処理施設の逼迫により処理料金の値上げ等の影響も考えられますが、排出事業者が産業廃棄物処理業者に適正な対価を支払わなかったため、産業廃棄物が適正に処理されず生活環境の保全上の支障等が生じた場合、排出者が措置命令の対象となる可能性もありますので、ご留意ください。
 

お問い合わせ

生活環境部 廃棄物対策課
電話番号:(直通)0246-22-7604
ファクス番号:0246-22-7605

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?