メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 福祉・こども > 医療 > 感染症 >感染症法に基づく医師の届出について

感染症法に基づく医師の届出について

問い合わせ番号:15577-9371-7569 更新日:2020年5月18日

感染症法に基づき、感染症を診断した医師は届出が必要です

感染症法に基づく感染症を診断した医師は、届出をお願いします。
届出をいただくことで、感染症の発生や流行を探知することができ、まん延を防ぐための対策や、
医療従事者・市民の皆様への情報提供に役立てられます。

届出の対象となる感染症の種類

全ての医師が届出を行う感染症(全数把握疾患)と、指定した医療機関のみが届出を行う感染症(定点把握疾患)があります。

届出が必要な感染症を診断した場合は、届出基準を確認し、発生届を記入してください。
また診断後、すみやかに最寄りの保健所までご連絡をお願いします。

♢【最新】感染症届出対象疾患一覧(R2.2月適用)(648KB)(PDF文書)

届出基準(1MB)(PDF文書)

発生届様式(全数把握疾患)(2MB)(PDF文書)

発生届様式(全数把握疾患)(1MB)(Word文書)

感染症発生状況

感染症の発生動向については、集計し公開しています。
インフルエンザ、手足口病などは、毎週更新しています。


詳しくは、福島県感染症情報センターをご覧ください。

お問い合わせ

保健所 総務課 感染症対策係
電話番号:0246-27-8595
ファクス番号:0246-27-8600

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?