メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

見て・考えて・表現して 体験!いわ美-コレクションによるアートプログラム-  6/8(土)-7/7(日)

問い合わせ番号:15523-8039-5674 更新日:2019年5月23日

matisse
アンリ・マティス 版画集「JAZZ」より 《珊瑚礁 1 》1947年


 本展は、当館所蔵の現代アートの良さやすばらしさに気付いてもらうために、作品展示と一緒に観覧者が体験できるアートプログラムを会場に用意しています。
 アートプログラムとは、作品を「見て」、そこから「考え」、言葉や制作物に「表現する」という流れの活動です。作品や作者の意図、技法などを主体的に理解するために、クイズに答えたり、簡単な絵をかいたり、工作をしたりする、11のプログラムが体験できます。
 これらの体験を通して現代アートの魅力に触れ、作品を見るだけでは味わえない達成感や満足感も、ぜひ味わってください。

会期

2019年6月8日(土)から7月7日(日)まで
休館日:月曜日

開館時間

午前9時30分から午後5時まで(展示室への入場は閉館30分前まで)
※7月、8月の毎週金曜日は、夜8時まで開館

会場

いわき市立美術館 2階企画展示室

出品作品

ピカソ、シャガール、ミロほか当館所蔵作品70点

観覧料

  • 一般 400円(320円)
  • 高・高専・大生 200円(160円)
  • 小・中生 100円(80円)

注:( )内は20名以上の団体割引料金

観覧料が無料になる場合

  1. いわき市在住の65歳以上の方
  2. 身体障がい者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳のいずれかをお持ちの方 (※なお、身体障害者手帳第1種、療育手帳A、精神障害者保健福祉手帳1級の方を介助される方は、1人に限り無料となります。介護のために同伴する旨を申し出てください。)
  3. 市内の小・中・高・専修・高専生(ただし、土曜日と日曜日のみ)

注:身分を証明する手帳等をご提示下さい。

また、平日に「いわき市内の小・中・高・専修・高専生」が、学校の教育活動の一環として利用する場合も、企画展・常設展が無料になります。

その場合には、「観覧料減免申請書」(「利用案内」のページ下部のPDFファイル「観覧料減免申請書」をダウンロード・印刷してご利用下さい)を学校から提出してもらうことになります。詳しくは美術館まで。

会期中の催し

(1)実技講座「ダンボール造形で タマゴからうまれた生き物づくり」

[内容]タマゴからうまれた生き物を想像してダンボールでつくる。
[講師]玉田多紀(たまだたき) 造形作家
[日時]6月15日(土)10時~正午 Aコース
           14時~16時 Bコース
    6月16日(日)10時~正午 Cコース
           14時~16時 Dコース
     ※制作内容は全コース同じ。
[会場]実技講習室
[対象]小学生から一般(小学3年生以下は保護者同伴)
[定員・参加費]各コース10名・500円
[応募方法] 事前申込制(先着順)、電話(0246-25-1111)で応募。5月28日(火)より受付開始。定員になり次第締切り。

(2)館長講座「“死”の絵画」

[日時]7月5日(金)18時~19時30分
[会場]セミナー室
[対象]一般
[定員・参加費]40名(当日先着順)・無料

主催等

主催:いわき市立美術館

開催日:2019年6月8日 から 7月7日
開催しない日:
2019年6月10日
2019年6月17日
2019年6月24日
2019年7月1日