メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > くらし・地域 > くらし・手続き > 税金 > 市たばこ税 >市たばこ税

市たばこ税

更新日:2021年8月21日

 

 

市たばこ税とは

市たばこ税は、たばこの製造者、特定販売業者、または卸売販売業者が市内のたばこ小売販売業者に売り渡した製造たばこに対して課されます。

注:たばこの小売価格には、既に市たばこ税が含まれていますので、実際に負担しているのは消費者自身です。

市たばこ税を納める人(納税義務者)

市たばこ税の納税義務者は、たばこの製造者(日本たばこ産業株式会社)、特定販売業者(外国産たばこの輸入業者)、および卸売販売業者です。

市たばこ税の税率  

・市たばこ税の税率改正

 平成30年度税制改正により、平成3010月1日からたばこ税の税率が引き上げられます。
 また、旧3級品のたばこについては、平成3010月1日の税率引き上げを行わないとともに、特例税率が令和元年930日まで延長することとされました。

【 市たばこ税 税率一覧表 】   


     1.旧3級品のたばこ

エコー、わかば、しんせい、ウルマ
ゴールデンバット、バイオレット
…の6銘柄

 

令和元年9月30日売り渡し分まで  1,000本につき 4,000円
令和元年10月1日売り渡し分から  1,000本につき 5,692円
令和2年10月1日売り渡し分から  1,000本につき 6,122円
令和3年10月1日売り渡し分から  1,000本につき 6,552円



      2.上記以外のたばこ



 
平成30年9月30日売り渡し分まで 1,000本につき 5,262円
平成30年10月1日売り渡し分から 1,000本につき 5,692円
令和2年10月1日売り渡し分から  1,000本につき 6,122円
令和3年10月1日売り渡し分から  1,000本につき 6,552円

※加熱式たばこ    

 加熱式たばこについては、平成3010月1日より令和410月1日までの間に5段階で新しい課税方式(重量及び価格を紙巻たばこの本数へ換算する方法)へ変更となります。
 

平成3010月1日から実施の「たばこ税手持品課税」について    

・「手持品課税」とは   

  たばこ税関係法令の改正により平成3010月1日から令和310月1日にかけて、税率が段階的に引き上げられることとなりました。これに伴い、税率引き上げ日の10月1日午前0時現在において、販売用のたばこを一定の本数以上所持するたばこ販売業者の方に対して、たばこ税の「手持品課税」が行われます。


  【手持品課税の実施年月日一覧】 

税率引き上げの日

  (手持品課税の日) 
申告期限 納期限
平成3010月1日※1 同年1031 平成31年4月1
令和元年10月1日※2 同年1031 令和2年331
令和2年10月1 同年11月2 令和3年331
令和3年10月1 同年11月1 令和4年331


  ※1 旧3級品は、税率引き上げがないため除きます。  

  ※2 旧3級品のみ税率引き上げとなりますので、旧3級品のみ該当になります。
 

 たばこ税改正に関する詳細な内容については、次の国税庁ホームページをご覧ください。 

     国税庁ホームページ

・なぜ手持ち品課税を行うのか     

 地方たばこ税は、卸売販売業者が小売販売業者に製造たばこを売り渡した時に課される税ですから、税率が引き上げられる前に出荷又は売り渡しが行われてい場合には、引き上げ前の低い税率で課税されていることになります。そのため、たばこ税の税率が引き上げられる際には、既に出荷または売り渡しがされた流通段階にある製造たばこに対して、税率引き上げ分に相当する課税(=手持品課税)を行い、税率引き上げ後に製造所から出荷又は売り渡しされる製造たばこと税負担を同一にするため行われます。
  

納税の方法

前月分を毎月末日まで、上記納税義務者が申告、納付します。

お問い合わせ

財政部 市民税課
電話番号:0246-22-7428
ファクス番号:0246-22-7588

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?