メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
イメージ

トップページ > くらし・地域 > 住まい・生活・相談 > 消費生活 > 消費生活相談情報 >ジャパンライフに関する相談について

ジャパンライフに関する相談について

問い合わせ番号:15151-3837-1613 更新日:2018年1月9日

相談事例

事例1

 高齢の母が磁気治療器のレンタルオーナー契約をしています。昨年末、業者が銀行取引を停止され、事実上倒産したとのニュースを見ました。今後、どうなるのか不安です。

事例2

 数年前から磁気治療器のレンタルオーナー契約をしています。業者に解約を申し出ましたが、返金期日を引き延ばされている状態で心配です。

消費生活センターからのアドバイス

 ジャパンライフに関してはさまざまな情報が飛び交うことが予想されます。情報に振り回されず、契約に関係する書類を整理して契約の内容を確認しておきましょう。

 二次被害を防ぐため、「被害を回復する」「優先的に返金する」「被害回復のために調査する」などと被害回復をうたって金銭を支払わせようとする話は絶対に信じないでください。

 高額な契約をしてしまい、家族にも話せず悩んでいる方など、ひとりで悩まず、消費生活センターへご相談ください。                              

お問い合わせ

市民協働部消費生活センター
電話番号:0246-22-7021(直通) 0246-22-0999 (相談専用)
ファクス番号:0246-22-0985

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?