メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
イメージ

トップページ > くらし・地域 > ごみ・環境 > 地球温暖化対策 >12月は『地球温暖化防止月間』です

12月は『地球温暖化防止月間』です

問い合わせ番号:15121-1315-5979 更新日:2017年12月5日

地球温暖化防止月間とは

環境省では、毎年12月を「地球温暖化防止月間」と定め、地球温暖化防止に向けた国民運動の発展を図っています。地球温暖化を防止するためには、一人ひとりが普段から温暖化対策に資する「COOL CHOICE(賢い選択)」を意識することが大切です。

 

 COOL CHOICE(賢い選択)とは

COOL CHOICE ロゴマーク
政府は省エネ・低炭素型の「製品」「サービス」「行動」
など、
温暖化対策に資するあらゆる「賢い選択」を促す
国民運動として、COOL CHOICE(クールチョイス)を
推進しています。

低炭素型製品への買替え、サービスの利用、ライフス
タイルの選択など、矢印の形をしたロゴマークが温暖化
対策に資する賢い選択の旗印となります。

 

家庭ではどこからCO2が出ているの?


全国の他の地方のCO2の用途別排出量割合東北地方の1世帯あたりのCO2の用途別排出量割合
と比べる
と東北地方の特徴としては、冬の厳しい寒さをしのぐための暖房の利用に伴うCO2排出量が多いようです。

東北地方の1世帯あたりのCO2の用途別排出量割合によりますと、自家用車からのCO2排出量割合が最も多く、次に暖房、水道・給湯となっています。

その他、調理食洗、冷蔵庫、照明、冷房、テレビなどもCO2排出量は少なくありません。

これからの季節は、ますます寒さが厳しくなってきますので、快適でより低炭素なライフスタイルを実践しましょう。

 
 

身近にできる「WARM BIZ(ウォームビズ)」


環境省では、暖房時の室温を20℃にして快適に過ごすライフスタイル「ウォームビズ」を推奨しています。冬の暖房器具使用時に室温設定を今までよりも下がるようにすれば、CO2削減効果があるばかりでなく、電気代や燃料代を効果的に節約することにつながります。

首、手首、足首の「三つの首」をあたためよう

太い血管のある部分を重点的にあたためることで体全体があたたまります。

みんなで暖かい場所に集まって暖かさを共有「ウォームシェア」をしよう。

外出先では公共施設や温泉などで過ごしたり、家の中では1つの部屋にみんなで集まるなど、エネルギーを節約しながら、コミュニケーションも深まります。

ひざ掛けやストールを活用しよう

寒さを感じた時にこまめな体温調整が可能です。アウトドア用のものなど男性が使いやすいものもあります。

「鍋」で体も室内もあたためよう

鍋からの湯気による加湿効果で体感温度がさらに上昇します。

温度計や湿度計を近くに置いて室内環境を「見える化」しよう

室内環境を「見える化」して、無駄な暖房使用を控えたり、逆に冷えによる体調不良にも気をつけましょう。

 

関連サイト

 

お問い合わせ

生活環境部 環境企画課
電話番号:0246-22-7528
ファクス番号:0246-22-7599

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?