メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
イメージ

トップページ > 市政情報 > 公有財産 >三和地区における廃校施設の利活用に関する事業者公募の内容に対する質問について

トップページ > 募集情報 >三和地区における廃校施設の利活用に関する事業者公募の内容に対する質問について

三和地区における廃校施設の利活用に関する事業者公募の内容に対する質問について

問い合わせ番号:15108-1955-4615 更新日:2017年11月21日

1 概要 
  現在、三和地区における廃校施設の利活用に関する事業者公募を実施しておりますが、その内容等に対する
 質問を受け付けています。

【質問受付期限:平成29年11月24日(金)】

2 受け付けた質問に対する回答

質問項目 質問内容 回答
公募実施要領(P4、P5)3(3) 上水道及び下水処理
下水処理について、「永戸小学校」は浄化槽、農業集落排水施設のいずれでしょうか。
 また、学校運営時の年間経費をご教示願います。
下水処理
   単独処理浄化槽で処理していました。
平成26年度年間経費
   浄化槽法定検査:8,000円
   浄化槽保守点検・清掃:74,453円
電気及び電話
学校運営時の1ヵ月のおおよその電気料金をご教示願います。
平成26年度1ヵ月当たり平均
   電気:約125,000円
ガス
学校運営時の1ヵ月のおおよそのガス料金をご教示願います。

平成26年度1ヵ月当たり平均
   ガス:約5,000円

対象施設の概要(P1) 「永戸小」は、一部「土砂災害警戒区域・土砂災害特別警戒区域」にかかっておりますが、これによる学校施設使用に際しての制限事項等がありましたら、ご教示願います。  「永戸小学校」は校舎及び体育館、校庭の一部が「土砂災害警戒区域」に該当しますが、建物の建築行為(新築、改築、増築等)についての規制はありません。
 なお、事業実施に際して適用される関係法令、条例等についてはそれぞれの担当部署にご確認ください。
公募実施要領(P4)3(1) 「施設の引き渡し後の維持管理については、利活用事業者が自己負担で行うものとします。」とありますが、自然災害など不可抗力での施設の損傷の場合の修復も利活用事業者が自己負担で行うのでしょうか。ご教示願います。

売買契約の場合:
 利活用事業者様の負担となります。
貸付契約の場合:
 自然災害等の市及び利活用事業者様双方の責めに帰すことができない事由による損害については、市が加入する保険の対象となる損傷の場合、災害共済金により修繕を行います。修繕費用が災害共済金の限度額を超える場合、費用負担については市及び利活用事業者様で協議するものとします。
 なお、風災、水災、雪災、土砂崩れによる損害等は保険の対象となりますが、地震等に起因して発生した土砂崩れによる損害は免責となるなどの免責条項が設定されており、保険の対象とならない場合があります。

お問い合わせ

財政部 施設マネジメント課
電話番号:0246-22-7408
ファクス番号:0246-22-7580

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?