メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
イメージ

トップページ > 福祉・こども > 地域包括ケア(介護予防等) >介護予防ケアマネジメント支援会議事業所向け説明会を開催します。

介護予防ケアマネジメント支援会議事業所向け説明会を開催します。

問い合わせ番号:15047-7305-5674 更新日:2017年10月13日

 本市では、ケアマネジャーが作成するケアプラン・サービス提供事業所が作成する個別支援計画について介護予防・自立支援の視点にて、専門職の方々より助言をいただく会議「介護予防ケアマネジメント支援会議」を平成29年10月より実施する予定としております。

 

 説明会の開催について

  関係機関に対して、当会議の概要、事務手順等の周知、理解を図るため説明会を開催します。

 1  対象者

  居宅介護支援事業所、通所介護事業所(デイサービス)、訪問介護事業所

 2  日 程

  平成29年10月2日(月)  総合保健福祉センター 多目的ホール  18時30分~

  平成29年10月3日(火)  小名浜公民館  2階  会議室    14時~

  平成29年10月4日(水)  市文化センター 4階  大会議室⑴⑵ 14時~

  平成29年10月6日(金)  勿来市民会館  1階  大会議室   14時~

 3  参加申込について

  居宅介護支援事業所、通所介護事業所、訪問介護事業所は指定の「参加確認票」よりFAXまたはメールにてお申込みください。

  こちらからダウンロード⇒参加確認票(26KB)(Word文書)

  申込期限:平成29年9月22日(金)まで

 4  説明会資料について

   ※説明会に関する質問については、上記、質問票をダウンロードのうえ地域包括ケア推進課までFAXにてお願いいたします。

 5  Q&A

  事業所説明会での説明事項に関する質疑等への回答になります。

  「介護予防ケアマネジメント支援会議」説明会質疑回答(10月10日まで受付分)(182KB)(PDF文書)

 当会議の導入背景について

 本市では、団塊の世代が75歳以上になる平成37年を目途に、高齢者が住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、「医療」「介護」「介護予防」「住まい」「生活支援」が包括的に確保される地域包括ケアシステムの構築を推進しています。

 特に「介護予防」は、要介護状態の軽減や悪化の防止だけでなく、高齢者が地域で自立した生活がおくれるよう、「高齢者本人の自己実現」「高齢者が生きがいを持ち、自分らしい生活をつくっていただく」ため、自立支援の観点が重要視されています。

 現状の課題について

 介護予防ケアマネジメントは、要支援者等が有している生活機能の維持・改善が図られるよう、ケアマネジメントのプロセスを通じて、本人の意欲に働きかけながら、目標指向型のケアプランを作成しサービス利用等による改善のイメージを伝え、本人が「できることはできるだけ本人が行う」という行動変容につなげていくことが大切ですが、現状では、要介護状態等に至る背景の分析がなされないまま「できない」を補うためのサービスが提供されるなど、自立支援・介護予防の視点が欠けている「補完型」ケアマネジメントが見受けられます。

 当会議の目的について

 本市では自立支援・介護予防の観点を踏まえて「要支援者等の生活行為の課題を解決等、状態の改善に導き、自立を促すこと」「高齢者のQOLの向上」を目指すことを目的に高齢者の生活行為の課題等を明らかにし、介護予防に資するケアプランの作成と支援を行うため、多職種からの専門的な助言を活かすことを目的に当会議を実施します。

 当会議の効果について

 当会議を実践することで高齢者のQOLの向上を資することに加え、会議参加者が多職種の専門的な視点に基づく助言を通じて、自立に資するケアマネジメントの視点やサービス等の提供に関する知識・技術を習得でき、以下のような点が効果として期待できます。

 ⑴ 専門職としてのスキルアップ

 ⑵ ケアマネジメントやケアの質の向上

 ⑶ 参加者によるネットワーク構築など

 

 なお、介護予防ケアマネジメント支援会議については、公開会議を予定しておりますので御興味・関心のある方は今後、スケジュール等も市ホームページに公開しますのでぜひ一度、お越しください。

 

お問い合わせ

保健福祉部 地域包括ケア推進課
電話番号:0246-22-7465
ファクス番号:0246-22-1289

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?