メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
イメージ

トップページ > くらし・地域 > まちづくり > コミュニティ・ボランティア >平成30年7月豪雨及び大阪北部を震源とする地震に伴う「災害派遣等従事車両証明書」の発行について

平成30年7月豪雨及び大阪北部を震源とする地震に伴う「災害派遣等従事車両証明書」の発行について

問い合わせ番号:15004-2822-6803 更新日:2018年7月18日

 平成30年7月豪雨に伴う災害に際し、被災自治体の被災地支援を目的とする車両に対して、「災害派遣等従事車両証明書」を交付します。
 高速道路等有料道路の料金所を通る際に、本証明書を料金所にご提出いただくことによって、有料道路の通行料金について、無料措置が講じられます。なお、大阪府に限り、大阪北部を震源とする実施に伴うボランティア活動についても対象となります。

発行期間

平成30年9月30日(日)まで

午前8時30分から午後5時15分まで(土日祝祭日は除きます)

受付場所

いわき市役所 1階 地域振興課(いわき市平字梅本21)

対象車両

(別紙1)平成30年7月豪雨有料道路料金免除措置府県を参照ください。

対象自治体

岐阜県(関市のみ)、京都府、大阪府、兵庫県、岡山県、広島県、愛媛県、高知県   

対象道路

(別紙2)料金免除措置を行う道路管理者一覧を参照ください。

必要書類

  1. 災害派遣等従事車両証明の申請書※車両1台ごとに1枚の申請書が必要です。本ページ下部からダウンロードできます。

  2. 被災地からの依頼内容等がわかる書類の写し

    (ボランティアの場合)受付ボランティアセンターの証明書
    ※対象自治体の被災地域において、社会福祉協議会等のボランティア受入を行っている団体へ、「災害派遣等従事車両証明書に係る災害ボランティア証明書」をファックス等により提出し、確認いただいたもの。
    証明書の様式は、対象自治体社会福祉協議会からダウンロードできます。
    県外からのボランティアを受け入れていない自治体もありますので、各被災自治体の社会福祉協議会ホームページ等で最新の情報をご確認ください。

    (国等からの委託の場合)委託内容、行程が分かる書類

    (その他の場合)行程、被災地の受け入れ体制、組織の概要が分かる書類

  3. 身分証明書

証明書の利用方法(高速道路の通行方法)

 各高速道路の入り口では一般レーンで通行券を受け取り、出口では一般レーンで「災害派遣等従事車両証明書」と通行券を係員にお渡しください。

注意事項

  • 「災害派遣等従事車両証明書」は料金所ごと(料金の徴収ごと)に必要になります。
  • 通行ルートは、原則として最短ルートのみとなります。
  • ETC並びにスマートICはご利用になりません。
  • 災害ボランティアを行う際には、事前に「ボランティア活動保険」への加入をお願いします。

ボランティア保険について

 自発的な意思による無償のボランティア活動を行う方を対象としたボランティア保険として、全国社会福祉協議会による「ボランティア活動保険」があります。

加入申し込み先

いわき市社会福祉協議会

所在地

いわき市平字菱川町1-3

電話番号

0246-23-3320(代表)

お問い合わせ

市民協働部 地域振興課
電話番号:0246-22-7414
ファクス番号:0246-22-7609

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?