メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
イメージ

トップページ > くらし・地域 > 住まい・生活・相談 > 食品衛生 > 注意お知らせ >【保健所からのお知らせ】食中毒の発生について

食中毒発生情報(2017年5月)

問い合わせ番号:14950-7265-1375 更新日:2017年5月18日

食中毒の発生について

 市内の飲食店で食中毒が発生しましたのでお知らせします。

経緯

 平成29年5月15日(月)に、市内医療機関より「5月12日(金)に市内飲食店を利用した後、下痢、悪寒等の食中毒様症状を呈している者を診察している。また、当該飲食店で食事した同一グループ内で同様の症状を呈する者が複数いるようだ。」との通報を受け直ちに調査を開始しました。

調査結果

 調査の結果、発症状況及び喫食状況などの疫学的調査並びに微生物学的検査により、次の事項が判明したことから、本件を当該飲食店の食事を原因とする食中毒と断定しました。

  1. 患者の共通の食事が当該飲食店の食事に限られる。
  2. 調理従事者便(3名)及び患者便(3名)から、ノロウイルスが検出された。
  3. 主な症状が、下痢、嘔気、悪寒等であり、既知のノロウイルスによる症状と一致する。
  4. 潜伏期間が35時間から48時間であり、既知のノロウイルスの潜伏期間(24時間から48時間)と一致する。
  5. 当該飲食店内で嘔吐した者など、感染症を疑う事象は確認されなかった。
  6. 患者の共通行動時に嘔吐した者や、体調不良者がいなかった。
  7. 医師より食中毒患者等届出票が提出された。

発生状況 

 

発症者関係

発症日時

平成29年5月14日(日)午前7時から

症状

下痢、嘔気、悪寒等

発症者数

総数 4名(5月12日の利用者数:36名)

(内訳)

 男性:4名(発症者の年齢:32歳から45歳)

注: 患者所在地:市内3名、市外1名 

通院患者数

3名(入院なし。患者は快方に向かっている。)

原因食品

5月12日に提供された食事

注:主なメニュー:生ハムじゃがいもサラダ、焼鳥、

炙りしめさば等

病因物質

ノロウイルス

原因施設

所在地いわき市泉町第三土地区画整理101街区4

屋 号:Japaneseダイニング味斗いわき泉店

営業者:ホリイフードサービス株式会社

    代表取締役社長 飯田 益弘

業 種:飲食店営業(一般食堂)

行政措置

営業停止処分

平成29年5月18日(木)から20日(土)の3日間

注:なお、当該施設は、平成29年5月17日(水)から営業を自粛している。

 参考 本市管内における食中毒の発生状況(本件を含まない)
 

 

件数

患者数

死者数

平成29年5月18日現在(1月1日から5月18日)

 3件

 17名

 0名

平成28年同期(平成28年1月1日から月末)

 1件

 16名

 0名

平成28年(1月から12月)

 4件

 21名

 0名

   

 

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。

詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ

保健福祉部 保健所 生活衛生課 食品衛生係
電話番号:0246-27-8593
ファクス番号:0246-27-8600

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?