メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

ニューアートシーン・イン・いわき 片口直樹 ─ 聴くことの比喩展 11/3(金)~12/17(日)

問い合わせ番号:14903-2137-5430 更新日:2017年11月10日

春風 

「春風」

 いわきのアートシーンに新しい風を運んできた「ニューアートシーン・イン・いわき」シリーズ。今回は、現在、茨城大学教育学部准教授として教職につきながら、作家活動を展開している片口直樹をとりあげます。片口は学生時代から主に人物を題材にした油彩画を発表してきましたが、近年、制作過程をもとにした映像を通して「絵画における時間」を鑑賞させるといった新しい絵画表現を試みています。

 また、来館者を題材にし、作家と鑑賞者によるコミュニケーションによる表現の可能性を追求するなど、絵画表現に軸足をおきながら、ここ数年の作品展開は、絵画表現と映像表現の融合化を目指しており、その活動の一端を紹介します。

 

会期

2017年11月3日(金、祝)から12月17日(日)まで
休館日:月曜日

開館時間

午前9時30分から午後5時まで(展示室への入場は閉館30分前まで)

会場

いわき市立美術館 1階ロビー

観覧無料

会期中の催し

 いわきアリオス特別展示


日時 11月23日(木)13時~20時
会場 いわき芸術文化交流館アリオス 小劇場
アーティスト・トーク 15時~16時30分
講師 片口(かたぐち)直樹(なおき)(作家、茨城大学教育学部准教授)
         横田(よこた)将士(まさし)(映像作家、茨城大学教育学部非常勤講師)       
         
平野明彦(ひらのあきひこ)
(いわき市立美術館副館長)

主催

主催:いわき市立美術館

開催日:2017年11月3日 から 12月17日
開催しない日:
2017年11月1日 から 12月17日 の 毎月第1,2,3,4月曜日