メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
イメージ

トップページ > 市政情報 > 公有財産 >「廃校施設の利活用に係るサウンディング型市場調査」の結果概要について

「廃校施設の利活用に係るサウンディング型市場調査」の結果概要について

問い合わせ番号:14902-5973-3567 更新日:2017年3月24日

1 調査の目的

   三和地区・田人地区の廃校10施設において、民間事業者が土地・建物等を利活用するに

  当たり、公募に先立ち、市場性等の有無や施設活用のアイデア等を把握するため、「サウ

    ンディング型市場調査」を実施しました。

 ※ サウンディングとは、「打診する」「相手の意向や意見を確かめるために、前もって相手に働きかける」

    という意味があり、事前調査をさすものです。

 

2 対象施設

三和地区 田人地区
旧永戸小学校 旧田人第一小学校荷路夫分校
旧永井小学校 旧田人第二小学校
旧永井中学校 旧田人第二小学校南大平分校
旧三阪小・中学校 旧貝泊小・中学校
旧差塩小・中学校 旧石住小・中学校

 

3 実施経過

   平成 28年 11月 1日            サウンディング型市場調査の実施について公表

        11月24日~12月2日   事業者説明会及び現地見学会(参加:8事業者)

        12月14日~12月28日   対話による意見交換(参加:8事業者)      

 

4 利活用に当たっての意見

 ○ 利活用に当たっては、土地及び建物を買い取るのではなく、貸付を希望する。

 ○ 土地及び建物の賃貸料について、免除又は減額が必要である。

 ○ 大規模な改修を行わず、既存の建物を活かした利活用を図っていきたい。

 ○ 地域に人が集まるような取り組みを積極的に行うなど、人口減少等、地域の課題に自

      ら行動を起こすことにより、地域の活性化を図っていきたい。

 

5 提案された用途(詳細は「活用アイデアの概要」のとおり)

三和地区 旧永戸小学校

○ソフトウェア開発施設

○体験型アトラクション施設

旧永井小学校

○中山間地域活性化拠点施設

○フリースクール

旧永井中学校 ○科学・ICTに特化した学習施設
田人地区 旧田人第二小学校

○スポーツ・吹奏楽の合宿施設

○農産物直売施設

○外国人講習兼宿泊施設

旧田人第二小学校南大平分校 ○酪農・直売施設

                       ※ 1事業者から2提案があり、合計9提案となっています。

 

  ➢  活用アイデアの概要(155KB)(PDF文書)

 

6 調査結果を踏まえた今後の方向性

   サウンディング型市場調査における民間事業者との意見交換を通じて、廃校施設の利活

    用の可能性が確認できたことから、要望の多かった減額貸付の実施など、民間事業者が廃

    校施設をより利活用しやすい環境を整備するとともに、事業者提案の無かった廃校5施設

    についても、引き続き有効活用に向けた検討を進めることとします。

   なお、今後においては、今回の調査結果を総合的に勘案した上で、公募を実施するな

    ど、施設の利活用の促進を図ることとします。

お問い合わせ

いわき市財政部施設マネジメント課企画係 担当:吉田、小林
電話番号:0246(22)7408(直通)
ファクス番号:0246(22)7580

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?