メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

デイヴィッド・ホックニー版画展 6/10(土)~7/17(月、祝)

問い合わせ番号:14902-4523-6911 更新日:2017年5月25日

「ホテル・アカトラン、2週間後」1985年 東京都現代美術館蔵 

「ホテル・アカトラン、2週間後」1985年 東京都現代美術館蔵

 デイヴィッド・ホックニー(1937-英国生まれ)は、絵画、版画、写真、舞台美術など幅広い分野で活躍する美術家です。中でも版画は、家族や友人たちの肖像、カリフォルニアでの日常風景、自伝的エピソードなど、内省的でありながらウィットに富んだ作品を数多く発表しています。

 ホックニーにとって版画は、10代の頃より継続的に手がけてきた重要なジャンルです。家族や友人、パートナーたちの姿、活動拠点のカルフォルニアや旅先の風景など日常の一コマをとらえた作品に加え、自伝的エピソードやピカソへのオマージュを表現したシリーズなど内省的でありながらウィットに富んだ作品も、数多く制作しました。

 さらに伝統的な技法にとどまることなく、ファクシミリやカラーコピー、コンピューターをもちいた斬新な手法を開拓していきます。彼の制作における華やかな展開は、「描くこと」への根源的な問いかけとひたむきな探求の成果であるといえるでしょう。


 本展では、国内最大のホックニー版画コレクションを誇る東京都現代美術館の所蔵品を中心に、初期から近年までの約140点もの版画を紹介し、その魅力に迫ります。 

会期

2017年6月10日(土)から7月17日(月、祝)まで
休館日:月曜日(ただし、7/17は開館)

開館時間

午前9時30分から午後5時まで(展示室への入場は閉館30分前まで)
※7月、8月の毎週金曜日は、夜8時まで開館

会場

いわき市立美術館 2階企画展示室

観覧料

  • 一般 700円(560円)
  • 高・高専・大生 300円(240円)
  • 小・中生 200円(160円)

注:( )内は20名以上の団体割引料金

観覧料が無料になる場合

  1. いわき市在住の65歳以上の方
  2. 身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳のいずれかをお持ちの方
  3. 市内の小・中・高・専修・高専生(ただし、土曜日と日曜日のみ)

注:身分を証明する手帳等をご提示下さい。

また、平日に「いわき市内の小・中・高・専修・高専生」が、学校の教育活動の一環として利用する場合も、企画展・常設展が無料になります。

その場合には、「観覧料減免申請書」(「利用案内」のページ下部のPDFファイル「観覧料減免申請書」をダウンロード・印刷してご利用下さい)を学校から提出してもらうことになります。詳しくは美術館まで。

会期中の催し

⑴ 公開制作「リトグラフ」
日時
6月17日(土) 10:00~11:00 
6月18日(日) 10:00~11:00 
講師 小森琢己(版画家、武蔵野美術大学通信教育課程非常勤講師)
会場 実技講習室
参加費 無料(事前申し込み不要)
内容 リトグラフの制作過程を公開
17日/リトグラフの概要説明、描画
18日/製版から刷りまで
※公開制作は、実技講座の導入も兼ねる

⑵ 実技講座「リトグラフ入門【1】」
日時
6月17日(土) 10:00~16:00 Aコース
6月18日(日) 10:00~16:00 Bコース ※制作内容は両コース同じ
講師 小森琢己(版画家、武蔵野美術大学通信教育課程非常勤講師)
会場 実技講習室
対象 中学生以上
定員 各コース8名
参加費 1,000円 (材料代)
応募方法 6月1日(木)から電話かFAXで申し込み受付。先着順で定員になり次第締め切り。
内容 1版単色のオリジナルリトグラフを制作

⑶ 講演会「ホックニーに学ぶアートの秘密」
日時 6月25日(日) 14:00~15:30
講師 齊藤泰嘉(元筑波大学教授・星のおじさま美術館建設準備室学芸員)
会場 セミナー室
定員 45名(当日先着順・事前申し込み不要)
参加費 無料

⑷ 館長講座「バッカスとアポロンの対比を巡って」
日時 7月7日(金) 18:00~19:30
講師 佐々木吉晴(当館館長)
会場 セミナー室
定員 45名(当日先着順・事前申し込み不要)
参加費 無料

⑸ ギャラリートーク
日時 7月9日(日) 14:00~15:00
講師 当館学芸員
会場 展覧会会場
参加費 無料。ただし、企画展チケットが必要(事前申し込み不要)
 

主催

主催:いわき市立美術館

開催日:2017年6月10日 から 7月17日
開催しない日:
2017年6月12日
2017年6月19日
2017年6月26日
2017年7月3日
2017年7月10日