メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 防災情報サイト > 原子力災害関連情報 > 安全対策 > いわき市原子力防災訓練について > 平成28年度いわき市原子力防災訓練 >「平成28年度いわき市原子力防災実動訓練」を実施しました

「平成28年度いわき市原子力防災実動訓練」の実施について(結果報告)

更新日:2017年7月3日

 市地域防災計画原子力災害対策編に基づき、緊急時において、市民はもとより、市、関係機関が円滑に対応できる防災体制の確立を図るとともに、市民及び防災関係機関の防災意識の高揚を図ることを目的とし、以下のとおり、四倉、川前地区において原子力防災実動訓練を実施しました。

原子力防災実動訓練の概要

1 訓練日時

平成28年10月29日(土曜日) 午前8時から正午まで

2 場所及び役割等

地区 場所 役割 訓練内容
四倉 四倉支所 地区本部 情報伝達訓練
住民避難訓練
一時集合場所開設
・運営訓練
 
県立四倉高等学校

一時集合場所 
 (5か所)

四倉小学校
大野第一小学校
大野第二小学校
大浦公民館
 川前 川前支所 地区本部
川前公民館 一時集合場所 
 (5か所)
川前活性化センター
高部集会所
志田名集会所
小白井集会所
中央台公民館 仮想避難所

                スクリーニング訓練    避難者受入訓練

3 参加者数

自主防災組織(行政区)役員、民生・児童委員、消防団員、地区住民 264名※

(四倉地区:210名/川前地区:54名)  

 ※ 一時集合場所にて解散した参加者21名を含みます。

4 訓練想定

福島第二原子力発電所において、地震を原因とした事故が発生し、当該事故に伴い同発電所南西方向で空間線量20μ㏜/h超※が計測され、いわき市に避難指示が発出される。                      ※20μ㏜/h(OIL2)=原子力災害対策指針に定められている、住民等を1週間程度内に一時移転させるための基準

5 参加機関

福島県、福島県警察本部、陸上自衛隊、日本防災士会福島県支部、消防団、社会福祉協議会、地域包括支援センター、株式会社いわき市民コミュニティ放送、特別養護老人ホーム楽寿荘、日本原子力研究開発機構(JAEA)、福島県隊友会いわき方部協議会、福島県立四倉高等学校、桶売小学校、桶売中学校、福島県バス協会、福島県タクシー協会いわき支部、東京電力ホールディングス株式会社、消防本部、いわき市

6 訓練内容

(1)情報伝達訓練

 市は、発電所の状況について、市災害対策本部による「市防災メール」、「FMいわき緊急割り込み放送」、「市防災ラジオ」、地区本部・消防団等の車両による広報により、市民に伝達し、区長は、各区で作成した連絡網により、市からの情報の伝達を行いました。

1     2

(2)住民避難訓練

 昨年度と今年度に実施した図上訓練により作成した「地区原子力災害避難計画」に基づき、要支援者の避難支援を実施し、各一時集合場所まで集合し、バスで仮想避難所(中央台公民館)へ移動しました。また、地区による支援のほか、社会福祉協議会、地域包括支援センターによる要支援者への支援も併せて行いました。

3     4

⑶ 一時集合場所開設・運営訓練

 一時集合場所の開設、運営、避難者のバス移送を実施しました。

5      6

 

⑷ 逃げ遅れ住民捜索・搬送訓練

 逃げ遅れた住民を想定し、陸上自衛隊において救助及び搬送訓練を行いました。

8      8

⑸ スクリーニング訓練・避難者受入訓練

 仮想避難所(中央台公民館)へ到着後、バス、乗車員の代表の順にスクリーニングを実施し、避難所への受入れを行いました。

  ※ 会場内では、放射線等に関する知識普及啓発のための体験・展示を行いました。

9      10

11      12

⑹ 福祉施設・学校の訓練

 本訓練に併せて、特別養護老人ホーム楽寿荘及び桶売小学校において、本市からの避難指示を受け、避難手順確認訓練を行うとともに、桶売中学校においては、部活動のため来校していた生徒を対象とした、保護者への引き渡し訓練を行いました。

 また、四倉高等学校においては、生徒が一時集合場所の開設・運営に協力し、同校に集合した要支援者の避難支援を行いながら、バスで仮想避難所へ避難しました。

お問い合わせ

総合政策部 原子力対策課
電話番号:0246-22-1204
ファクス番号:0246-22-1209

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?