メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
イメージ

トップページ > くらし・地域 > 住まい・生活・相談 > 住まい >土砂災害特別警戒区域内にお住いの方へ(再掲)

トップページ > 事業者の方へ > 都市計画・開発・建築 >土砂災害特別警戒区域内にお住いの方へ(再掲)

トップページ > 募集情報 >土砂災害特別警戒区域内にお住いの方へ(再掲)

土砂災害特別警戒区域内にお住まいの方へ(再掲)

問い合わせ番号:14766-7938-6113 更新日:2018年8月1日

いわき市がけ地近接等危険住宅移転等事業のご案内

 平成30年7月豪雨により西日本を中心とした地域で多くの土砂災害が発生しました。

 今後も、全国各地で土砂災害等が発生する可能性があります。「安全な場所への移転」や「既存建物の改修」を検討される場合は、いわき市がけ地近接等危険住宅移転等事業の補助対象に該当する場合がありますので、お早めに御相談下さい。

対象者

 土砂災害防止法に基づき指定された土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)内に、指定される以前からお住まいの方

 制度の概要

 本制度は、住民の生命の安全を確保するため、「土砂災害特別警戒区域」等の区域内にある、区域が指定される以前から存在する住宅の移転等を行う者に対し、予算の範囲内で補助を行うものです。

 補助の種類

  1. 移転事業区域が指定される以前から存在する住宅を撤去し、新たに安全な場所で住宅の建設・購入(土地代を含む)をする場合について、その資金を金融機関等から借り入れる際の利子や元の住宅の撤去、跡地整備、引越しに係る費用について助成を行います。
  2. 改修事業区域が指定される以前から存在する住宅であり、土砂災害に対する安全性を有していないものに対して、構造耐力上安全な建物に改修するために必要な費用の一部を支援します。 

 [例]

  • 土砂災害が予想される面の外壁等を、鉄筋コンクリート等に改修。
  • 土砂災害が予想される面の建物外側に、鉄筋コンクリート等の擁壁等を築造。 

 ※土砂災害防止法:土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律

なお、制度の詳細については、都市建設部住まい政策課(TEL22-1178)までお問い合わせください。

お問い合わせ

都市建設部 住まい政策課
電話番号:0246-22-1178
ファクス番号:0246-22-1291

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?