メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 防災情報サイト > 原子力災害関連情報 > 健康管理関連 > ホールボディカウンターによる内部被ばく検査 >ホールボディカウンターによる内部被ばく検査結果(平成27年)の状況について

ホールボディカウンターによる内部被ばく検査結果(平成27年)の状況について

問い合わせ番号:14671-7627-7945 更新日:2019年4月22日

 

内部被ばく検査結果(平成27年度)の状況

市民の皆様の健康管理に役立てていただくため、平成23年11月からホールボディカウンターによる内部被ばく検査を実施しています。

検査結果について

平成27年度においては、3回目の検査を北部地区から順次実施しました。

また、県が所有する車載式ホールボディカウンターにより、山間部や南部地区(勿来・田人)等、地理的な関係から固定式での受検が困難である地域を巡回しながらの検査を実施しました。

平成27年度の検査結果は添付ファイルのとおりです。

 平成27年度の検査結果(308KB)(PDF文書)

 なお、受検者3,350人の預託実効線量は、全員が、健康に影響がないとされている1mSv未満であり、検出限界値を下回った方は3,322人で、全体の99.2%となっています。なお、検出された方については、近隣で採取した山菜等を食しているケースが多くみられました。

外部リンク

お問い合わせ

保健福祉部 保健所総務課  放射線健康管理センター
電話番号:0246-27-8560
ファクス番号:0246-27-8600

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?