メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 観光・交流 > 歴史・文化 >「芥川賞作家に学ぶ 小説講座」の受講生募集について

トップページ > 募集情報 >「芥川賞作家に学ぶ 小説講座」の受講生募集について

「芥川賞作家に学ぶ 小説講座」の受講生募集について

更新日:2021年9月15日

「芥川賞作家に学ぶ 小説講座」の受講生を募集します!

 芥川賞受賞者である松村栄子先生を講師にお迎えして、小説講座を開催します。


「本来、小説には何か決まりがあるわけではなく、どのような内容、形式の作品を書くことも自由ですが、この講座では、はじめの一歩を踏み出すために必要なごく基本的技法について学びます。
  実習や相互批評を通して、作文と小説のちがいを考えましょう。」
 

日時

 令和3年12月4日(土) 午前10時から午後3時まで

 令和3年12月5日(日) 午前10時から午後3時まで (全2日間で1コースです)
 

内容

 〇 視点について
 〇 文体について
 〇 会話文について
 〇 書き出しについて
 〇 キャラクタについて
 〇 原稿の書き方 他

 ※ 内容は、進行状況により変更することもあります。
 

事前課題

  「クリスマスの日」を描いた短篇小説を想定し、書き出しの800字分を提出。
 〇 タイトルをつけてください。
 〇 原稿用紙またはA4用紙に横長縦書き。(原稿用紙を使用する場合は手書きとする)
 
 ※作品はコピーをして全受講生に配布し、教材として使用します。
 

会場

  いわき市生涯学習プラザ 4階(平字一町目 T1ビル内) 大会議室
 

講師

  matsumurasan

 松村 栄子(まつむら えいこ)
 

◆講師プロフィール

 静岡県生まれ
 磐城女子高等学校(現:磐城桜が丘高等学校)卒業
 筑波大学第二学群比較文化学類卒業

 福島県文学賞(小説・ドラマ部門)審査委員
 平成2年 第9回海燕新人文学賞受賞(著書『僕はかぐや姫』)
 平成3年下半期 第106回芥川賞受賞(著書『至高聖所(アバトーン)』)
 その他、『Talking アスカ』『雨にもまけず粗茶一服』など著書多数
 近刊は『夢幻にあそぶ 能楽ことはじめ』、『僕はかぐや姫/至高聖所』(復刻)
 

主催 

 吉野せい賞運営委員会・いわき市
 

対象者

 中学生以上
 

受講料

 無料
 

定員

 20名程度(先着順且つ昨年度未受講者を優先)
 

申込期間 

 令和3年9月15日(水)から10月14日(木)まで
 

申込方法

 講座名(小説講座)、氏名(ふりがな)、郵便番号、住所、電話番号、年齢、性別を記入のうえ、はがき、Eメール、ファクス、いわき市かんたん申請・申込システムのいずれかでお申込みください。(必着)
 後日、受講決定通知書をお送りします。
 

申込及び問い合わせ先

 〒970-8686 いわき市平字梅本21
 (いわき市文化スポーツ室文化振興課内)
  吉野せい賞運営委員会事務局

 □ 電子メールアドレス bunkashinko@city.iwaki.lg.jp

 □ ファクス 0246-22-7552

 ※ 電話による申込受付は行いません。

 いわき市かんたん申請・申込システム【小説講座 申込フォーム】(外部リンク)
 

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止にご協力ください。

・ご来場の際はマスクを着用し、咳エチケット、手洗い、手指消毒の徹底にご協力ください。
・社会的距離の確保にご協力ください。

※感染拡大、再流行などにより、内容変更や開催の中止を判断する場合があります。
 

その他

1 昼食の準備について

 講座当日の昼食については各自御用意ください。

2 吉野せい賞について

 吉野せい賞は、いわき市出身の作家吉野せいの輝かしい文学業績を記念して新人のすぐれた文学作品を顕彰し、もって本市の文化振興に資することを目的としております。
 本年度の「第44回吉野せい賞」は、8月6日で応募を締め切り、現在、選考を行っております。(結果発表は、10月中旬の予定です。)
 なお、本講座の受講の有無は、来年度の吉野せい賞に応募される場合の選考に影響はございません。

お問い合わせ

文化スポーツ室 文化振興課
電話番号:0246-22-7544
ファクス番号:0246-22-7552

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?