メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
イメージ

トップページ > よくある質問 > 衛生・環境 > 食品の表示 >食品の期限表示について

食品の期限表示について

問い合わせ番号:14539-1268-2265 更新日:2016年2月15日

「賞味期限」と「消費期限」はどう違うのでしょうか。

  • 「賞味期限」とは「おいしく食べられる期間」のことで、その期間を過ぎたらすぐに「食べられなくなる」というものではありません。なお、缶詰やスナック菓子など品質が比較的長く保たれる食品に記載されています。また、賞味期限は「品質保持期限」と記載されている場合もあります。
  • 「消費期限」とは、「安全に食べられる期間」のことで、その期間を過ぎると衛生上の支障がでてくる可能性が高くなる食品(刺身や弁当など)に記載されています。消費期限を過ぎた食品は食べないほうがよいでしょう。

注:「賞味期限」、「消費期限」とも食品に表示された方法で保存し、未開封であることを前提にした期限です。また、開封後は早めに使い切るようにしましょう。

 

お問い合わせ

保健福祉部 保健所 生活衛生課 食品衛生係
電話番号:0246-27-8593
ファクス番号:0246-27-8600

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?