メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > イベントカレンダー >令和3年いわき市東日本大震災追悼式

トップページ > イベントカレンダー > その他 >令和3年いわき市東日本大震災追悼式

トップページ > 防災情報サイト > 過去の災害 > 東日本大震災関連情報 >令和3年いわき市東日本大震災追悼式

令和3年いわき市東日本大震災追悼式

更新日:2021年4月12日

1 趣旨

 東日本大震災から10年を迎えるに当たり、犠牲になられた方々を追悼するため、「令和3年いわき市東日本大震災追悼式」を次のとおり執り行います。

2 日時

 令和3年3月11日(木)午後2時35分~(午後1時30分開場

3 会場

 いわき市立総合体育館 (いわき市平下荒川字南作100番地)

4 内容

(1) 開式
(2) 「東日本大震災十周年追悼式」(国主催)の中継
(3) 式辞     いわき市長
(4) 追悼の辞    御遺族代表 ・ いわき市議会議長
(5) 献花     いわき市長 ・ 御遺族代表 ・ いわき市議会議長 ・ 御遺族(全員)
(6)   演出     金澤翔子氏による席上揮毫
           高校生による未来へのメッセージ
(7) 閉式
(8) 自由献花

5 市長からのメッセージ

 「令和3年いわき市東日本大震災追悼式」を執り行うにあたり、震災により犠牲となられた方々の御霊の前に、いわき市民を代表し、謹んで哀悼の誠を捧げます。
 
はじめに、お亡くなりになられた方々の御遺族の皆様に衷心よりお悔やみを申し上げますとともに、被災された方々に心からお見舞いを申し上げます。
 
東日本大震災という未曽有の大災害は、私たちの慣れ親しんだふるさとの風景を瞬く間に一変させ、多くの尊い命を奪い去りました。
 
あの日から10年の歳月が過ぎましたが、多くの市民の方々が犠牲となられましたことは、決して忘れることのできない、そして癒えることのない深い悲しみであります。

 これまで本市におきましては、犠牲になられた方々のふるさとへの思いを引き継ぎ、「生まれ育ったふるさとを良くしたい」という決意のもと、ふるさといわきの力強い復興と創生を着実に推進し、「明るく元気ないわき市」の創造を目指して、邁進して参りました。
 今後におきましても、新たに策定しました「いわき市まちづくりの基本方針」のもと、今後の中・長期を見据えて、人口減少局面にあっても持続可能な「まち」を創りあげていくため、「暮らしを守る安全・安心の充実強化」、「ひと・まち・しごとの充実強化」、「共創力の充実強化」という3本の柱を基に、多様な主体が力を合わせ、新たな技術や価値観を戦略的に取り入れることにより、「住んで良かった、住み続けたい」と思える、魅力にあふれた「いわき」の実現に、粉骨砕身、全力を傾注して参ります。

 震災から10年。一刻も早く復興を成し遂げようと、市民の皆様と共に、ただひたすら前を向いて歩んで参りました。その間、令和元年東日本台風等災害に見舞われ、また、昨年から今もなお、世界中で新型コロナウイルス感染症が猛威を振るい、本市経済や市民の皆様の生活にも多大な影響を及ぼし続けております。
「わが行く道よ正しくあれ。石ころごろごろたりともわが往く道よ大きくあれ。」
名誉市民 草野心平氏の詩の一節です。
 本市の多くの先人がそうであったように、市民の皆様はこれらの危機に対しても、力強く、しなやかに立ち上がり、必ずやこの局面を打開できるものと信じております。そして、先人が叡智と情熱を結集して苦難を乗り越え、築き上げてきたこの「以和貴」の心を未来につないで参る所存であります。 

 結びに、多くの犠牲をかたときも忘れることなく、これまで御支援いただいた方々に心から感謝しつつ、いかなる困難が待ち受けようとも市民の皆様と手に手を携え、さらなる飛躍を目指し、最善を尽くすことを改めてお誓い申し上げ、挨拶といたします。

 令和3年3月11日

                                     いわき市長 清水 敏男 

6 式典映像

▼動画の視聴はこちらから(市公式YouTube)

 

開催日:2021年4月12日

お問い合わせ

総務部 総務課
電話番号:0246-22-7401
ファクス番号:0246-22-3662

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?