メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
イメージ

トップページ > 福祉・こども > 医療 > 感染症 >平成29年度「世界エイズデー」

12月1日は「世界エイズデー」です

問い合わせ番号:14508-5727-3482 更新日:2017年11月24日

12月1日は「世界エイズデー」です。

平成29年度主題(キャンペーンテーマ)

      「UPDATE! エイズのイメージを変えよう」

 

WHOは、1988年に世界レベルでのエイズのまん延防止と患者・感染者に対する差別、偏見を解消することを目的として、12月1日を「World Aids Day」(世界エイズデー)と定めました。

新たに報告されるHIV感染者・エイズ患者は近年横這い傾向にあり、平成29年に報告された新規HIV感染者報告数は1,011件、新規AIDS患者報告数は437件であり、両者を合わせた新規報告数は1,448件でした。新規HIV感染者は、特に20~30歳代が多く、新規AIDS患者は30歳以上が多く、50歳以上が約29%を占めています。

平成29年度キャンペーンテーマ

   「UPDATE! エイズのイメージを変えよう」

HIV/エイズに関する取組は、今、大きな転換期となっています。

治療法の進歩により、HIV陽性者の予後が改善された結果、HIV陽性者は感染の早期把握、治療の早期開始・継続によりエイズの発症を防ぐことができ、HIVに感染していない人と同等の生活を送ることが期待できるようになりました。

しかし、現状はそうした変化が正確な情報として十分に伝わっているとは言えません。情報をUPDATE(更新)して、イメージを現実に近づけてゆくこと、それはHIV/エイズに関する取組をより実行性あるものとするために、不可欠なことです。

エイズのイメージを変えることを呼び掛け、その後に「行動を変える」「職場を変える」等、新たな『UPDATE!』へつなげるためのスタートラインとします。

いわき市では平成29年度「世界エイズデー」に関連した取り組みとして、休日出張エイズ検査やレットリボンの着用等を実施します。

平成29年度「世界エイズデー」関連事業のお知らせ

休日出張エイズ検査

エイズ・梅毒の即日検査を実施します。

日時:平成29年12月2日(土曜日) 午前10時00分から午後4時00分まで

場所: いわき産業創造館(ラトブ 6階)

料金:無料 (匿名で申し込みできます)

申込方法:(1)前日までに電話でお申し込みください。事前予約された方は優先対応します。

       (2)当日、会場でお申込みください。

エイズ・性感染症予防教育講師派遣事業

エイズ・性感染症予防教育の実施を予定する市内教育機関、その他団体に専門の講師(医師、保健師)を無料で派遣します。お気軽にお問い合わせください。

 

いわき市保健所でのエイズ・梅毒検査/肝炎検査

毎週月曜日 午前9時から午前11時、午後1時から午後4時まで

(第2・4月曜日は午後7時まで)

検査は無料・匿名で受けることができます。詳細はホームページをご覧ください。

【申し込み先・相談窓口】

いわき市保健所 地域保健課感染症対策係

電話番号:0246-27-8595(平日8:30~17:00)

 

レッドリボンとは

 

レッドリボン(赤いリボン)は、エイズに関する理解と支援の意思を表わす世界的なシンボルマークです。

レッドリボンを身に付けることによって、エイズに関する偏見や差別をしないというメッセージを発します。

エイズのことを身近なこととして、みんなで考えてみましょう。

外部リンク

 

お問い合わせ

いわき市保健所 地域保健課 感染症対策係
電話番号:0246-27-8595
ファクス番号:0246-27-8607

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?