メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > くらし・地域 > 住まい・生活・相談 > 生活排水・し尿 >令和元年度末における汚水処理人口普及率について

令和元年度末における汚水処理人口普及率について

更新日:2020年9月10日

 

  • 汚水処理人口普及率とは、市内人口のうち、公共下水道や合併処理浄化槽などにより、トイレやお風呂、台所などの生活雑排水全てを処理可能な区域の人口割合のことです。
  • 令和元年度末における本市の汚水処理人口普及率は、86.4%となっています。
  • 本市の汚水処理人口普及率は、全国平均の91.7%に比べると低い水準にあるため、今後も普及率向上に向けた取り組みを推進していきます。

 いわき市の汚水処理人口普及率(令和2年3月31日現在)

  令和元年度
 総人口(住民基本台帳人口) 319,596人
 汚水処理人口 276,168人
 汚水処理人口普及率 86.4%
全国の汚水処理人口普及率 91.7% 

処理施設別普及率(令和2年3月31日現在)

  令和元年度
下水道 54.6%
合併処理浄化槽 28.5%
農業集落排水施設 1.3%
地域汚水処理施設 2.0%

 汚水処理人口普及率の詳細、用語の意味等は別添のPDFファイルでご覧いただけます。

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。

詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ

生活環境部 生活排水対策室 経営企画課
電話番号:0246-22-7583
ファクス番号:0246-22-7572

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?