メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 教育委員会 > 学校教育関係 >豊間地区「学校のあり方」について

豊間地区「学校のあり方」について

問い合わせ番号:10010-0000-4719 更新日:2017年4月17日

豊間中学校は、東日本大震災に伴う津波被害により校舎が被災したため、平成24年4月から、暫定的に豊間小学校内で授業を行っております。

このため市では、早期の教育環境整備と今後の豊間地区の学校のあり方について、地区の皆様、PTA、学校関係者と協議を重ねてまいりました。平成25年5月9日に開催された地区の皆様との意見交換会において、基本的な方向性について合意形成がなされましたので、その内容をお知らせいたします。

主な合意内容

学校機能面

  • 豊間中学校を豊間小学校西側に連結し、小中一体型の併設校として整備
  • これまで以上に小中連携教育を推進
  • 幼少期からの一貫した連携教育を推進する観点から、豊間保育園、放課後児童クラブを中学校一階に整備
  • 平成28年4月の供用開始を目指し整備

安全確保面

  • 中学校校舎は、津波被害防止の観点から盛土をした上で整備し、北側に近接する区画整理事業予定地の路盤高(地上約18メートルから20メートルまで)以上の高さを確保
  • 屋上には、小中ともフェンスを設置
  • 区画整理事業予定地への避難路を校舎供用開始までに整備

豊間地区「学校のあり方」の詳細については、次をご覧ください。

お問い合わせ

教育委員会事務局 教育政策課
電話番号:0246-22-7540
ファクス番号:0246-22-7595

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?