メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
イメージ

トップページ > 市政情報 > 行政改革 >平成18年度における行財政改革行動計画の進捗状況

平成18年度における行財政改革行動計画の進捗状況

問い合わせ番号:10010-0000-4139 更新日:2016年1月24日

平成18年度における行財政改革行動計画の進捗状況について

第5次市行財政改革行動計画の平成18年度(平成19年3月31日現在)の進捗状況は次のとおりとなっております。

1 行財政改革行動計画の改革・改善項目の状況

  • 改革・改善を実施した項目 39件
  • 実施率 42.9%(実施した項目39件 行動計画位置付け項目91件)

2 行財政改革行動計画において設定した目標指標の状況

改革の効果額

【目標指標1】改革の効果額(累計額)150億円を目指す。

区分 18年度 19年度 20年度 21年度 22年度
計画額
(累計額)
950
(9500)
1,030
(2,930)
1,200
(6,110)
840
(10,130)
1,120
(15,270)
5,140
(15,270)
実績額 2,085 2,085
達成率 219.5% 40.6%

注1 平成18年度の実績額が計画額を大きく上回っているのは、主に、職員の削減数が計画を大幅に上回っていることによるものです。
(次の「職員数の削減」をご覧ください。)
注2 改革の実績額の累計については、単年度の実績であっても、その効果は計画期間内(平成18年度から22年度まで)で継続することを踏まえ、平成18年度分については概ね5倍、平成19年度分は概ね4倍するなどして算出しています。
(平成18年度の実績額を累計ベースに置き換えると、約7,739百万円になります。)

職員数の削減

【目標指標2】計画期間内に概ね430人(約10%)の職員数の削減を目指す。

区分 17年度 18年度 19年度 20年度 21年度 22年度
計画 職員数 4,305 4,245 4,175 4,055 3,955 3,875
削減数A 60 70 120 100 80 430
実績 職員数 4,305 4,188
削減数B 117 117
達成率(B/A) 195% 27.2%

一般会計市債残高

【目標指標3】平成22年度末の一般会計市債残高を17年度末の残高以下にする。

区分 17年度 18年度 19年度 20年度 21年度 22年度
計画額 140,673 141,436 140,068 135,306 131,053
実績額 138,251 140,269

お問い合わせ

総合政策部 政策企画課
電話番号:0246-22-7410
ファクス番号:0246-24-4300

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?