メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
イメージ

トップページ > 防災情報サイト > もしもの時に備えて >地域ぐるみの防災体制づくり

地域ぐるみの防災体制づくり

問い合わせ番号:10010-0000-3869 更新日:2019年4月11日

自主防災組織の結成

自主防災組織とは

自主防災組織とは、「自分たちのまちは自分たちで守る」という防災意識と強い連帯感を持ち、地域のみなさんが自ら防災活動を行うため、各地区の行政区を単位として設立する組織です。

自主防災組織は、大規模な災害が発生した際、地域住民が的確に行動し被害を最小限に止めるため、平常時には地域内の安全点検や住民への防災意識の普及・啓発、防災訓練の実施など災害に対する備えを行います。

また、実際に災害が発生した際には、情報を収集して住民に迅速に伝え、初期消火活動、被災者の救出・救助、避難誘導、避難所の運営といった活動を行うなど、非常に重要な役割を担っています。

自主防災組織活動のしおり

自主防災組織の役割や基本的な活動内容等についてまとめた「自主防災組織活動のしおり」を作成しましたので、地域のおける自主防災活動を行うための参考として活用ください。

自主防災組織の設立や変更など

危機管理課または最寄りの支所市民課(市民課のない支所は市民福祉係)に、「自主防災組織設立届」または「自主防災組織変更届」等を必要に応じて提出してください。また、設立に際しては、記載例を参考に、みなさんの地区にあった「規約」と「防災計画(編成表を含む)」を併せて作成していただきます。

実績報告書、年間活動計画書

自主防災組織の年間の活動を点検し、今後の取り組みに活かしていただくことを目的として、記載例を参考に年間実績報告書及び年間活動計画書を作成してください。

防災資機材等の整備支援

自主防災組織を設立の際に、ヘルメットや電池メガホン、担架などの機材、また阪神・淡路大震災で効果のあった救助用ロープや万能斧、手引きのこぎり、油圧ジャッキなどの救助用資機材を購入する際には、その費用の一部を市が補助します。詳しくは、危機管理課又は支所へお問い合わせください。

また、資機材等は日頃から定期的に点検・整備し、記載例を参考に「防災資機材一覧表」を作成しておき、有事に備えておくことが必要です。

自主防災組織の育成

講習の支援や訓練の指導

消防署員による「消火訓練」、「応急手当講習会」、「資機材の使用方法の講習会」、「災害図上訓練(いわゆるDIG)」なども実施しています。最寄りの消防署へお問い合わせください。

平成31年度 福島県自主防災活動促進事業

福島県では、自主防災組織や女性防火クラブ等が、地域住民の参加のもとに行う防災活動を支援するため、「自主防災活動促進事業」を実施しています。
詳しくは、福島県のホームページをご覧ください。

自助・共助による地域づくり

地域コミュニティ活動の中で、「減災」や「危機管理」の意識を高める。

一人ひとりが「身の安全を守る」ことからはじめ、各家庭(自助)で、隣近所や自治会・町内会などの様々な活動(共助)のなかで、地域住民の皆様の「顔の見える、声の届く、つながり」を築き続けることが大切です。

地域コミュニティ(まちづくり)活動の中で、「地域に潜む危険は何か」、「どうしたらお互いに難を逃れることができるか」、「いざというときに、協力し合えるか」など、地域のことやお互いの知恵を出し合い、認め合い、楽しみながら体験(経験)できる機会をつくり、継続して取組むことが重要です。

ここでは、地域コミュニティ(自主的組織的)活動に有用な制度や情報について、お知らせします。

お問い合わせ

総合政策部 危機管理課
電話番号:0246-22-7551
ファクス番号:0246-22-1145

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?