メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
イメージ

トップページ > くらし・地域 > くらし・手続き > 年金・保険 > 国民年金 >繰上げ支給と繰下げ支給

トップページ > ライフメニューから探す > 高齢・介護 >繰上げ支給と繰下げ支給

繰上げ支給と繰下げ支給

問い合わせ番号:10010-0000-2988 更新日:2016年2月9日

繰上げ支給とは

老齢基礎年金が受けられる年齢は65歳ですが、希望すれば60歳から64歳の間でも繰り上げて受けることができます。ただし、受給開始年齢に応じて、一定の割合で減額され、一度繰上げを受けると65歳以後も支給率は変わらず、生涯減額された年金を受けることになります。
ほかにも、次のような制限があります。

  1. 遺族厚生年金や遺族共済年金とは、65歳に達するまで併給できません。
  2. 繰上げ請求した後には原則として障害基礎年金は請求できません。
  3. 寡婦年金は受けられません。 
  4. 繰上げ請求した後は高齢任意加入はできません。
  5. 一度繰上げ請求すると、取り消すことはできません。

繰下げ支給とは

受給開始年齢を66歳以降に繰下げて、一定の割合で増額された年金を受けることもできます。
(注意)老齢基礎年金の支給繰下げの申出を行う人が、老齢厚生年金の受給権を有する場合、老齢厚生年金の支給の繰下げも併せて行わなければなりません。(ただし、平成14年4月1日以前に、老齢厚生年金の受給権を取得した人に限ります。)

  • 昭和16年4月2日以降に生まれた人の支給率(65歳で受ける年金額を100%とした場合)
    月単位で支給率が変わります。 

    年齢

    60

    61

    62

    63

    64

    65

    66

    67

    68

    69

    70

    支給率

    70

    76

    82

    88

    94

    100

    108.4

    116.8

    125.2

    133.6

    142

  • 昭和16年4月1日以前に生まれた人の支給率(65歳で受ける年金額を100%とした場合)
    年単位で支給率が変わります。
    年齢  60  61  62 63  64  65  66  67  68  69 

    70

    支給率  58 65  72  80  89   100  112 126  143  164  188 

年金は本人が請求しないと受けられません

すべての年金は、受けられる権利があっても、本人からの請求がないと支給されません。
請求先は次のとおりです。

  • 第1号被保険者期間のみの人:国保年金課又は支所等の国民年金担当窓口
  • 第2号・第3号被保険者期間のある人:平年金事務所
  • 第2号被保険者期間のみで、単一の地方職員共済組合の人:各共済組合

なお、不明な点がある場合は、いわき市国保年金課国民年金係(電話番号:0246-22-7464)又は年金相談ダイヤル(電話番号:0570-05-1165)にお問い合わせください。

外部リンク

 

お問い合わせ

市民協働部 国保年金課 国民年金係
電話番号:0246-22-7464
ファクス番号:0246-22-7576

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?