メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
イメージ

トップページ > くらし・地域 > まちづくり > 港湾 >小名浜港の概要

小名浜港の概要

問い合わせ番号:10010-0000-2852 更新日:2018年3月12日

小名浜港の姿

小名浜港全景

いわきの海の玄関口である重要港湾小名浜港は、首都圏東京から約200キロメートル、東京と仙台のほぼ中間に位置しています。
小名浜港は、昭和31年に国際貿易港として開港し、昭和39年「常磐・郡山地区」が新産業都市に指定されたことにより、工業港として発展してきました。
今後本港は、常磐自動車道、磐越自動車道など、背後地域の高速交通体系が着実に進むなかで、新しい時代の要請に対応した物流拠点港への飛躍が期待されています。
このため、国際貿易港としての物流機能の強化や近年の流通形態として増加傾向にある国際コンテナ貨物に対応するため、施設の環境整備を図っています。
また、総合的な物流港を目指す一方、1・2号ふ頭地区の親水・交流空間「アクアマリンパーク」やマリンレジャーの基地である「いわきサンマリーナ」など、海の自然や文化とふれ合うことができる空間の整備も行われています。
このように、小名浜港は、恵まれた立地条件のなかで、大交流時代を支える世界とのネットワーク拠点としてさらなる発展を目指します。

お問い合わせ

産業振興部 工業・港湾課
電話番号:0246-22-1162
ファクス番号:0246-22-7582

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?