メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > くらし・地域 > 住まい・生活・相談 > 消費生活センター > 消費生活相談情報 >浄化槽保守点検等を装った詐欺行為に注意してください!

浄化槽保守点検等を装った詐欺行為に注意してください!

更新日:2018年5月17日

昨年12月頃から福島県内(中通り・会津地方)で、浄化槽の保守点検業者を装い、突然訪問し作業料金(2,000円から12,000円程度)を詐取する事件が頻発しています。
今年に入り、市内においても、同様の事例が確認されましたので、被害に遭わないよう注意してください。

  1. 被害状況 (いわき市環境整備事業協同組合より報告)
    平成25年1月16日(水曜日)午後1時30分頃、いわき市小川町地内の住宅に50歳代の男が訪れ、水洗トイレのタンクの水垢取り薬剤を入れ、2,000円の料金を請求、領収書の発行なく金銭を受領した。
  2. 被害概要
    (1)50歳代のベージュ系の作業服を着た男性が一人で訪問。
    (2)白系のバンタイプの車で訪問。
    (3)会社名は名乗らない。
    (4)2ℓ程度の薬剤を水洗トイレのタンクに入れる作業をした。
    また、「数分間はタンクの水を流さないでください」と言われた。
    (5)作業中からお金を受取って帰るまで急いでいた。

被害に遭わないために…

  1. その場で契約することはやめましょう。
    突然訪れた業者に点検を勧められても、すぐに契約することはやめましょう。
  2. 支払いを急かせる業者には注意しましょう。
    支払いをした後、業者と連絡がとれなくなるケースもあります。
    支払いはひとりで決めず、家族などと相談してからにしましょう。
  3. 必ず会社名を確認して下さい。
    浄化槽の保守点検については、市に登録している業者でないと行うことはできません。
  4. 登録業者については、下記の登録業者一覧をご覧ください。
    身分証明書の提示を求めてください。
    浄化槽管理士は保守点検作業に従事する場合は、資格証を携帯しています。
    必ず浄化槽管理士の資格証や会社の身分証の提示を求めてください。
  5. 浄化槽の保守点検は、薬剤を入れるだけではありません。
    点検は数分で作業が終わることはありません。
    すぐに点検を終える業者はきちんと点検をしていない可能性がありますので注意しましょう。

お問い合わせ

市民協働部 消費生活センター
電話番号:0246-22-7021(直通) 0246-22-0999(相談専用)
ファクス番号:0246-22-0985

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?