メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
イメージ

トップページ > くらし・地域 > まちづくり > 道路 >幹線市道の説明と整備事例

幹線市道の説明と整備事例

問い合わせ番号:10010-0000-1136 更新日:2016年7月28日

幹線市道とは

幹線市道とは、国道、県道とともに道路ネットワークの骨格を形成する道路で、交通渋滞の解消など円滑な交通の確保を図るとともに、地域間の連携・交流の促進に寄与するものです。
幹線市道の整備においては、補助事業(地方道路交付金事業)等を活用し、計画的に推進してます。

整備事例(市道社岡・大谷線)

幹線市道の整備事例(市道社岡・大谷線)

本路線は、主要地方道いわき上三坂小野線と一般県道勿来旅人とを結ぶ幹線市道で、本市北部の遠野地区から常磐自動車道勿来IC(勿来地区)とを連結する道路網を構築している重要な市道です。
これまで、本路線には狭隘・屈曲箇所があったことから、大型車の通行などが困難でありましたが、本路線の整備により、遠野地区と勿来IC間はもとより、本線に隣接している住宅・工場の複合団地「山田インダストリアルパーク」への安全で円滑な交通が確保され、移動時間の短縮が図られました。

整備効果数値グラフ

お問い合わせ

土木部 土木課
電話番号:0246-22-7490
ファクス番号:0246-24-2119

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?