メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
イメージ

トップページ > くらし・地域 > 産業 > 農林水産業 > 森林・林業・木材産業 >山火事予防運動、山火事防止強化を実施中です。

山火事警戒強化中!!!

問い合わせ番号:10010-0000-0980 更新日:2017年3月2日

「火の用心 森から聞こえる ありがとう」(平成29年全国山火事予防運動統一標語)

全国山火事予防運動期間:平成29年3月1日から3月7日まで

全国山火事予防運動ポスター

福島県山火事防止強化期間:平成29年2月10日から5月30日まで

山火事に注意を

春先は山火事が発生しやすい季節です。

特に、山菜取りなどで山に入る際は、火の取り扱いに十分注意してください。

 空気が乾燥し、強い風が吹く時期は、特に次のことに気を付けて行動してください。

  • 枯れ草等のある燃えやす物がある場所では、たき火をしないこと
  • 乾燥しているとき、風の強いときには、たき火や火入れをしないこと
  • たき火や火入れをするときは、水をくんだバケツなど消火の備えをすること
  • 火をつけたら、火が消えるまで、その場から離れないこと
  • 火の後始末は十分に行い、完全に消えたことを確認すること
  • たばこを投げ捨てないこと
  • たばこは指定された場所で喫煙し、完全に火を消すこと
  • 喫煙者が山林に入るときは必ず吸殻入れを所持すること
  • 火遊びはしないこと
  • 子供たちに火遊びをさせないこと

恐ろしい森林・林野火災

森林から1km以内での火入れは、いわき市長の許可が必要です。

 森林及び森林から1km以内で火入れ(面的な焼却)を行う場合には、森林法第21条第1項に基づき市町村長の許可が必要です。必ず10日前までに届け出を行ってください。その他の手続きについては「いわき市火入れに関する条例」等に基づき行ってください。

  森林法に基づく許可を受けることができる火入れの目的は次のとおりです。

  1. 造林のための地ごしらえ
  2. 開墾準備
  3. 害虫駆除
  4. 焼畑
  5. 採草地の改良

 注1:単に、地上の立木、竹、雑草、堆積物等を面的に除去する簡便な手段として行う火入れについては、許可されません。 

 注2:火入れ作業については、「火入れ作業の手引き(森林火災対策協会)」(外部リンク)を参照してください。

 山火事予防については林野庁のサイト(外部リンク)をご覧ください。

 消防についてはいわき市消防本部をご覧ください。

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。

詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ

農林水産部 林務課
電話番号:0246-22-7474
ファクス番号:0246-22-1129

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?