メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
イメージ

トップページ > 福祉・こども > 健康 > 健康づくり >「世界禁煙デー」及び「禁煙週間」について

トップページ > 福祉・こども > 健康 > その他 >「世界禁煙デー」及び「禁煙週間」について

トップページ > 福祉・こども > 子育て > 妊娠・出産 >「世界禁煙デー」及び「禁煙週間」について

トップページ > ライフメニューから探す > 妊娠・出産 > 健康・病気 >「世界禁煙デー」及び「禁煙週間」について

トップページ > ライフメニューから探す > 子育て > 子どもの健康 >「世界禁煙デー」及び「禁煙週間」について

「世界禁煙デー」及び「禁煙週間」について

問い合わせ番号:10010-0000-0601 更新日:2018年5月11日

 

平成30年度 禁煙週間のテーマ‐                                                                           2020年、受動喫煙のない社会を目指して~たばこの煙から子ども達をまもろう~」           

5月31日は世界禁煙デーです

                     世界禁煙デーポスター

  毎年5月31日は、世界保健機関(WHO)が定める「世界禁煙デー」であり、日本では5月31日から6月6日までを「禁煙週間」としています。喫煙は、がんや心疾患、脳血管疾患、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の原因になるとともに、糖尿病や脂質異常症、歯周疾患を悪化させると言われています。また、喫煙は喫煙者本人にとどまらず、周囲の人の健康への影響も非常に大きいことから、健康増進法により受動喫煙の防止が定められています。

1 禁煙週間を機に、あなたも禁煙にチャレンジしてみませんか?

〇ステップ1:あなたのニコチン依存度をチェック
喫煙はニコチンによる依存症です。自分の依存度をチェックしてみましょう。

〇ステップ2:とにかく3日間(72時間)の禁煙からスタート!!
ニコチンは3日間(72時間)で体内からほとんど抜けると言われています。その間、体に起こるプラスの変化を実感できて驚くことでしょう。禁煙の効果は、たばこをやめた直後から現れます‼

  • 20分後:血圧が正常になる、脈拍や手足の温度が正常に戻る。
  • 8時間後:血液中の一酸化炭素濃度が正常になる。
  • 48時間(2日)後:臭覚や味覚が改善する。
  • 72時間(3日)後:ニコチンが体からほとんど消失する、呼吸が楽になる、胃の調子がよくなって食欲が出る。

 注:禁煙して5年後には、口腔がん、咽頭がん、食道がん、膀胱がん、胃がん、膵がんなどの発生率が低下し、肺がんの死亡率が低下します。10年後には、肺がん死亡率が非喫煙者とほぼ同じになります。

2 上手にたばこをやめる方法は?

  禁煙治療は(一定の基準を満たせば)、保険が適用されるようになっています。
いわき市では、かかりつけ医や歯科医、調剤薬局、保健所どの窓口でも禁煙外来を予約できる「いわき市禁煙外来ネットワーク」を行っています。ぜひご活用ください。

    いわき市禁煙外来ネットワーク(内部リンク)

3 受動喫煙とは?

 たばこの煙は、主に喫煙者が吸い込む「主流煙」、火がついている側から出る「副流煙」があります。このうち、副流煙にはニコチンやタールが約3倍、アンモニアは約50倍と、主流煙より有害物質が多く含まれています。受動喫煙とは、喫煙者の周りのたばこを吸わない人にも、副流煙を否応なしに吸わせてしまうことです。
たばこを吸う人は、周りにいる吸わない人への配慮を忘れないようにしましょう。

お問い合わせ

保健所地域保健課健康増進係
電話番号:0246-27-8594
ファクス番号:0246-27-8607

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?