メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
イメージ

トップページ > 福祉・こども > 医療 > 感染症 >いわき市のインフルエンザは「警報レベル」が解除となりました

いわき市でインフルエンザの「警報レベル」が解除となりました

問い合わせ番号:10010-0000-0582 更新日:2019年3月5日

いわき市で2月25日~3月3日の週よりインフルエンザの
「警報レベル」が解除となりました

いわき市でのインフルエンザの患者報告数が減少し、
平成31年2月25日~3月3日の週から「警報レベル」が解除となりました。
(1医療機関あたり10人以下)
昨年と比較して、約3週間早い「警報レベル」の解除となります。

インフルエンザの患者数は減少しましたが、局地的に流行する場合もあります。
また、インフルエンザB型が流行することもあります。
引き続き、感染予防に努めましょう。
特に、周りに患者がいる場合は、気をつけましょう。

予防のための三原則

1 感染経路の遮断

  • 外出後は必ずせっけんで手洗いをする。顔やメガネも洗う。
  • 咳をする人が近くにいたり、病院や電車など人混みに出るときは、マスクを隙間ができないようしっかり着用し、手洗いとうがいをこまめに行う。
  • 部屋の換気を定期的に行い、飛まつが漂う危険を減らす。
  • 流行時期は、集会など人が集まる活動を控えたり、人混みを避ける。

2 抵抗力をつける

  • バランスのとれた食事を三食きちんととる。
  • 規則正しい生活をし、睡眠を十分にとる。   
  • 過度の厚着を避け、適度な運動をする。

3 ウイルスからの隔離

  • 病人がいる部屋は換気をよく行う。
  • かかってしまったらマスクをつけ、外出を避けて人にうつさないようにする。

予防接種について

流行する前にワクチンを接種することは有効な手段です。
もしインフルエンザにかかったとしても、合併症や重症化を予防することができます。
かかりつけ医に相談してみましょう。

インフルエンザかなと思ったら

  • 症状(発熱、倦怠感、せきやのどの痛み、筋肉痛などの全身症状)がでた時は、早めに受診する。受診する時は、必ずマスクをつける。
  • 高熱により脱水症状になりやすいので水分の補給を心がける。
  • 睡眠を十分にとり、安静にする。
  • 消化がよくビタミン・たんぱく質など栄養のあるものを食べる。
  • 室内は適度な湿度を保つ。

  ※咳やくしゃみの症状がある時は、咳エチケットを守りましょう。
  咳エチケットとは・・・
  咳やくしゃみが出そうな時は、ハンカチやティッシュで口や鼻をおおう。
  その後はきちんと手を洗う。咳などが続く時はマスクをつける。

  • 抗ウイルス薬を服用し療養する場合、異常行動を起こす可能性があると報告されています。
    窓の鍵をしっかり施錠する、ベランダに面していない部屋に寝かせる、未成年者をひとりにしないなどの配慮が必要です。
  • 学校などは、解熱後2日(幼児においては3日)かつ発症後5日を経過するまでお休みしましょう。

外部リンク

県内のインフルエンザ発生状況について(福島県感染症発生動向調査)
平成30年度 今冬のインフルエンザ総合対策について(厚生労働省)
インフルエンザQ&A(厚生労働省)
 

お問い合わせ

保健所地域保健課 感染症対策係
電話番号:0246-27-8595
ファクス番号:0246-27-8607

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?