メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 防災情報サイト > 原子力災害関連情報 > 安全対策 > 安定ヨウ素剤に関すること >安定ヨウ素剤を服用した際の副作用

安定ヨウ素剤を服用した際の副作用

問い合わせ番号:10010-0000-0418 更新日:2016年2月18日

副作用

安定ヨウ素剤を服用した際の副作用として、次のような症状が報告されています。

  • 過敏症 発疹 など
  • 消化器系の症状 悪心・嘔吐、胃痛、下痢、口腔・咽喉の灼熱感、金属味覚、歯痛、歯肉痛、血便(消化管出血) など
  • その他の症状 甲状腺機能低下症、頭痛、息切れ、かぜ症状、不規則性心拍、皮疹、原因不明の発熱、首・咽喉の腫脹 など

副作用が発生した場合

安定ヨウ素剤を服用し、体調に異変がでた時には、速やかに近くの医師や薬剤師等に相談して下さい。近くに医師等がいない場合は、保健所総務課医事薬事係の相談窓口(電話0246-27-8590)に相談するか、医療機関に救急要請のために連絡してください。その際、症状とともに、いつ、どれだけの量の安定ヨウ素剤を服用したかについてもご説明下さい。

お問い合わせ

保健福祉部 保健所総務課  放射線健康管理センター
電話番号:0246-27-8560
ファクス番号:0246-27-8600

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?