メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 防災情報サイト > 原子力災害関連情報 > 安全対策 > 安定ヨウ素剤に関すること >安定ヨウ素剤を慎重に服用する必要がある人(慎重服用項目)

安定ヨウ素剤を慎重に服用する必要がある人(慎重服用項目)

問い合わせ番号:10010-0000-0417 更新日:2016年2月18日

下記の病気の既往歴がある方、または下記の薬を服用している方は、安定ヨウ素剤を慎重に服用する必要があります。
該当する方、また該当しなくてもご不明な点等がある場合には、安定ヨウ素剤の服用について、あらかじめ、かかりつけ医やかかりつけ薬局に相談して下さい。

病気

  1. ヨード造影剤過敏症(造影剤アレルギー)
  2. 甲状腺の病気(甲状腺機能亢進症、機能低下症)
  3. 腎臓の病気や腎機能の障害
  4. 先天性筋強直症
  5. 高カリウム血症
  6. 低補体血症性じんま疹様血管炎
  7. 肺結核(カリエス、肋膜炎なども含む)
  8. ジューリング疱疹状皮膚炎

  1. カリウム含有製剤(カリウム補給)
  2. リチウム製剤(双極性障害(躁うつ病)治療)
  3. 抗甲状腺薬(甲状腺機能低下症治療)
  4. アンジオテンシン2阻害剤、カリウム貯留性利尿剤、降圧剤、ACE阻害剤(高血圧治療)

お問い合わせ

保健福祉部 保健所総務課  放射線健康管理センター
電話番号:0246-27-8560
ファクス番号:0246-27-8600

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?