メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
イメージ

トップページ > 福祉・こども > 障がい者福祉 > 市の計画等 >平成30年度いわき市障害者自発的活動支援事業費補助金

平成30年度いわき市障害者自発的活動支援事業費補助金

問い合わせ番号:10010-0000-0022 更新日:2018年4月5日

自発的活動支援事業を補助します

 障がい者等、その家族、地域住民等が自発的に実施する取り組みに対し、補助金を交付します。

目的

 障がい者等が自立した日常生活及び社会生活を営むことができるよう、障がい者等、その家族、地域住民等による地域における自発的な取り組みを支援することにより、共生社会の実現を図る。

募集期間

 平成30年4月2日(月曜日)から5月18日(金曜日)まで

対象団体

 以下の要件をすべて満たす団体等

  1. 規約又は会則等を有すること
  2. 団体等の意思を決定し、執行する組織が確立していること
  3. 自ら経理し、監査する等、会計組織を有すること
  4. いわき市内に活動拠点があること
  5. 市内に住所を有する障がい者本人及びその家族、自治会、ボランティア団体、NPO法人等であって、障がい者福祉に関する活動実績がある又は継続的な活動を行うことが見込まれる団体であること
  6. 社会福祉法人又は医療法人ではないこと
  7. 宗教活動又は政治活動を主たる目的とした団体等でないこと
  8. 特定の公職者(候補者を含む。)又は政党を推薦し、もしくは支持し、又はこれらに反対することを目的とした団体等
    でないこと
  9. 営利を目的とした団体等でないこと
  10. 暴力団又は暴力団もしくは暴力団員の統制下にある団体等でないこと

補助対象事業

 補助金交付決定の日から平成31年3月31日までに実施される事業のうち、次の事業にあてはまるもの。

事業名 事業の内容
ピアサポート 障がい者等やその家族が互いの悩みを共有することや、情報交換のできる交流会活動を支援するもの。
災害対策 障がい者等を含めた地域における災害対策活動を支援するもの。
孤立防止活動支援 地域で障がい者等が孤立することがないよう見守り活動を支援するもの。
社会活動支援 障がい者等が仲間と話し合い、自分たちの権利や自立のための社会に働きかける活動の支援や、障がい者等に対する社会復帰活動を支援するもの。
ボランティア活動支援 障がい者等に対するボランティアの養成や活動を支援するもの。
その他形式支援 上記の形式以外に、事業の目的を達成するために有効な形式により支援するもの。

補助額

 1団体あたり上限50万円

(注1) 市の予算内での補助となるため、必ずしも補助金が交付されるとは限りません。
(注2) 補助金額は、申請者数及び申請内容を踏まえ、決定します。                                      
(注3) 事業完了後の補助金交付(後払い)となりますので、補助事業期間中は必要な資金を自己調達する必要があります。

補助の流れ

申請方法

 1から7の申請書類を障がい福祉課までお持ちください。

  1. 補助金等交付申請書(指定様式)(18KB)(Word文書)
  2. 事業収支予算書(指定様式)(20KB)(エクセル文書)
  3. 事業計画書(指定様式)(30KB)(エクセル文書)
  4. 団体等概要書(指定様式)(16KB)(エクセル文書)
  5. 事業の実施要項(任意様式)
  6. 団体の前年度収支決算書(任意様式)
  7. 団体の今年度収支予算書(任意様式)

(注)事業終了後、実績報告等が必要になります。

お問い合わせ

保健福祉部 障がい福祉課
電話番号:0246-22-7486
ファクス番号:0246-22-3183

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?